米国内の交通事故、トヨタに瑕疵があるとし約267億円の賠償を命じる

2016年にレクサスES300が後続車両に追突されて2人の子供が負傷する事故があり、ダラス郡地方裁判所は、この事故についてトヨタ自動車が責務の一端を担っているとして2億4,210万ドル(約267億円)の損害賠償を支払うよう命じた。

The Law Offices of Frank L. Branson(フランクL.ブランソン法律事務所)のWebサイト

これはフランクL.ブランソン(Frank L.Branson)法律事務所の公表により明らかになった。同事故は2016年9月24日、2002年型レクサスES300(日本流通名トヨタ・ウインダム)がダラスの北部中央高速道路を南下している際に、ホンダ製SUVのパイロットに追突されたもの。

この際、レクサスの後部座席のチャイルドーシートに座る3歳の男児と5歳の女児が、追突の衝撃で倒れた前席の影響を受け、頭蓋骨骨折及び外傷性脳損傷を負った。

上記事故について米国時間の2018年8月、車両欠陥を含む事案で裁判が行われ、同月7日にテキサス州ダラス郡地方裁判所は、トヨタ自動車並びにトヨタ販売店に対して2億4,210万ドルの損害賠償を支払うよう裁定を下した。

2002年型のレクサスES300。今事案の具体的な対象車種グレードとは異なる
2002年型のレクサスES300。今事案の具体的な対象車種グレードとは異なる

裁判自体は、この決定に至る前2週間に亘って、様々な証言が繰り広げられ、このなかで原告側に立ったフランクL.ブランソン法律事務所は、車両の設計上並びに構造上での問題を文書で明文化。

これを審議の材料に、前席が衝撃で倒れるという危険性ついてトヨタ自動車は以前から知っていた。同社は後部座席の乗客を犠牲にして、前席の乗員を保護する意図的な決定を結果的に行ったとし、同社は車両構造の瑕疵について、これを解決することに無関心であったと示唆した。

陪審員は、この訴えについて賠償判定を行うために8時間以上の審議を行い、結果、9人の男性陪審員と3人の女性陪審員は車両前席が衝撃を受けて倒れたことについて、トヨタ自動車傘下のレクサス並びにトヨタの販売店側がこの危険を前以て警告しなかったことについて重大な瑕疵があるとし、懲罰的損害賠償として1億4,400万ドル。

フランクL.ブランソン法律事務所が、今事案に際して公表したリリースページ

2人の子供に医療費・身体障害・精神的苦痛等で9,200万ドルを支払うべきと決議した。なお陪審員は、ホンダのSUVに乗っていたドライバーが賠償額の5%の責任を負い、残り95%はトヨタとトヨタの販売店に責任があるとした。

このダラス郡地方裁判所よる裁定に関して、トヨタ自動車・広報担当のエリック・ブース氏は「陪審員の決定を尊重する。ただ他方で、車両の設計や構造自体には欠陥はないと信じており、この事故特有の要因によるものだと確信している」と述べている。

WEC第3戦シルバーストーン6時間、トヨタ陣営公式予選を消化

8月17日から18日、FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦シルバーストーン6時間レースの公式練習に加えて公式予選が行われ、トヨタ自動車ワークスでTOYOTA GAZOO Racingの2台のTS050 HYBRIDは、全セッションを通してトップ2を占める順調なスタートを切った。

続きを読む WEC第3戦シルバーストーン6時間、トヨタ陣営公式予選を消化

JXTG、メガウェブの「東京2020パラ」カウントダウンイベントに出展

JXTGエネルギー株式会社(本社:東京都千代田区、社長:大田 勝幸)は、8月25日(土)の「開催まであと2年!東京2020パラリンピックカウント ダウンイベント」に「ENEOSブース」を出展する。

続きを読む JXTG、メガウェブの「東京2020パラ」カウントダウンイベントに出展

桂田モータース、輸入三輪バイクのマンスリーレンタル開始

株式会社桂田(カツラダ)モータース(本社:兵庫県西宮市、代表取締役社長:桂田 宗慶)傘下でカナダ製の三輪バイク「カンナム・スパイダー」を販売する「カンナム・スパイダーカツラダ」(西宮市甲子園口4-22-28)は新しいカーライフスタイルとしてマンスリーレンタルプランを開始する。

続きを読む 桂田モータース、輸入三輪バイクのマンスリーレンタル開始

古河電池、印鉛蓄電池企業のエクサイド社へ使用権許諾契約

古河電池株式会社(本社:横浜市保土ケ谷区、代表取締役社長:小野眞一)は8月16日、インドの大手鉛蓄電池メーカーのエクサイド・インダストリーズリミテッド(Exide Industries Limited、本社:インド・コルカタ、CEO: Gautam Chatterjee)とウルトラバッテリー(UltraBattery)の製造・販売に関するサブライセンス契約を締結した。

続きを読む 古河電池、印鉛蓄電池企業のエクサイド社へ使用権許諾契約

JXTG、豊洲の東京オリパライベントにENEOSブース出展

JXTGエネルギー株式会社(本社:東京都千代田区、社長:大田 勝幸)は、8月16日(木)から19日(日)に東京都江東区豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドックららぽーと豊洲」にて実施される東京2020競技体験イベントに出展する。

続きを読む JXTG、豊洲の東京オリパライベントにENEOSブース出展

GLMとオリックス、EVの研究開発用車台のレンタル開始

EV向け試作品の搭載・動作検証など、メーカーの研究開発需要見込む

京都大学発のEV(電気自動車)ベンチャーであるGLM株式会社(本社:京都市左京区、代表取締役社長:小間裕康)は、オリックスの子会社で産業機器レンタルのオリックス・レンテック(品川区北品川5)と組んで、車の心臓部にあたる「プラットフォーム」のレンタル提供を開始する。

続きを読む GLMとオリックス、EVの研究開発用車台のレンタル開始

ルノー、フレンチスタイルの「カングーキャンプ2018」を開催

ルノー・ジャポン株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大極 司)は、カングーオーナーを対象に家族や友人と、その土地の食材を使った美味しい食事を囲み、テロワール(=土地の個性)を楽しむフレンチスタイルのキャンプイベント「カングー キャンプ2018」を、静岡県、千葉県、滋賀県の3県で開催する。

続きを読む ルノー、フレンチスタイルの「カングーキャンプ2018」を開催

NIMSと日独大学、炭素が酸素還元電極触媒になる仕組みを解明

非白金族電極触媒を用いた酸素還元反応の微視的機構解明への一歩を踏み出す

NIMSと北海道大学、ドイツ・ウルム大学の国際共同研究チームは、炭素材料が1 at%以下の微量の窒素導入で、燃料電池の鍵である酸素還元反応に対して活性な電極触媒になることを発見し、その活性化の仕組みを説明することに成功した。

続きを読む NIMSと日独大学、炭素が酸素還元電極触媒になる仕組みを解明

ボッシュ、IAA2018で貨物輸送関連の新技術を提案する

独・ボッシュこと、ロバート・ボッシュGmbH(本社:シュトゥットガルト・ゲーリンゲン、代表取締役社長:Dr.rer.nat.Volkmar Denner <フォルクマル・デナー>、以下、ボッシュ)は、第67回IAAハノーバー国際モーターショー(商用車)で未来の貨物輸送のための革新技術を発表する。なお同社のブースは第16ホールのA01となる。

続きを読む ボッシュ、IAA2018で貨物輸送関連の新技術を提案する

UDトラックス、中東市場で「クエスター」に高積載仕様車を追加

中東市場で必要とされるモデルの導入で、大型トラック市場でのさらなる拡販を目指す

UDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市、代表取締役社長:村上吉弘)は、中東市場で販売している新興国向け大型トラック「クエスター」に、6x4(後輪2軸駆動)のGVW40tモデルを新たに追加、中東市場においてニーズの高い積載重量の大きなモデルを導入することで、大型トラック市場において拡販を目指す。

続きを読む UDトラックス、中東市場で「クエスター」に高積載仕様車を追加

テュフラインランド、日本市場での自動車情報セキュリティ審査に意欲

テュフラインランドジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:トビアス・シュヴァインフルター)は8月13日、株式会社ケーヒン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:横田 千年)傘下の株式会社ケーヒン・サーマル・テクノロジーに対して、独・情報セキュリティ規格の適合性審査となる「TISAX審査」を完了した。

 

続きを読む テュフラインランド、日本市場での自動車情報セキュリティ審査に意欲

NEXCO西日本、高速道路本線橋に非鉄製材料技術を初採用

腐食劣化と決別した非鉄製橋梁「超高耐久橋梁(Dura-Bridge®)」の実用化へ

NEXCO西日本(本社:大阪市北区、代表取締役社長:酒井 和広)と三井住友建設株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新井 英雄)は、鉄筋やPC鋼材に替わり腐食しない新材料を緊張材として用いた『非鉄製材料を用いた超高耐久橋梁:デュラブリッジ (Durable Bridge)』の共同研究を平成22年3月より進めてきた。

続きを読む NEXCO西日本、高速道路本線橋に非鉄製材料技術を初採用

米・加州観光局、クラシックカーのドライビングイベントを実施

米国カリフォルニア観光局(本局・カリフォルニア州サクラメント)は、現地時間8月9日、クラシックカーから最新車までの80台以上の車がハイウェイ1号線を駆け抜けるドライビングイベントを実施した。

続きを読む 米・加州観光局、クラシックカーのドライビングイベントを実施

Uber、淡路島での「配車アプリ」導入実験で記念式典を開催

Uberジャパン、夏休みの淡路島で「Uberアプリ」利用のタクシー配車サービスの実証を開始

Uberジャパン(所在地:東京都渋谷区、アジア太平洋地域モビリティ事業統括本部長:アミット・ジェイン)は7月21日から兵庫県淡路県民局並びに、淡路島島内タクシー事業者と連携。当地・淡路島内全域で日本国内初の「ウーバー配車アプリ」の導入実証を行う。そこで上記3社は、同日この実証実施を記念して開始式典を開催した。

続きを読む Uber、淡路島での「配車アプリ」導入実験で記念式典を開催

国土交通省、新東名高速道路6車線化などに事業許可

国土交通大臣、高速道路会社への事業許可に加え、スマートインターチェンジの準備段階調査の採択を行う

平成30年8月10日、新東名高速道路(御殿場JCT~浜松いなさJCT)の6車線化およびスマートインターチェンジの新設について、道路整備特別措置法第3条に基づき国土交通大臣により高速道路会社へ事業許可を行った。
また、スマートインターチェンジについて、新たに6箇所で準備段階調査への採択した。

続きを読む 国土交通省、新東名高速道路6車線化などに事業許可

キャデラックとバーニーズ・ニューヨークがコラボキャンペーン

バーニーズニューヨーク銀座本店にキャデラックのウィンドウディスプレイが期間限定で登場

GMジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:若松 格)と株式会社バーニーズ ジャパン(東京都渋谷区、代表取締役社長:髙橋幸智)はNY発のキャデラックとバーニーズ・ニューヨークのコラボ・キャンペーン『CADILLAC X BARNEYS NEW YORK 』を2018年8月28日(火)から9月23日(日・祝)まで開催する。

続きを読む キャデラックとバーニーズ・ニューヨークがコラボキャンペーン

横浜ゴム、韓国クムホタイヤとの技術提携を解消

横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:山石昌孝)は2018年7月6日、クムホタイヤ(KUMHO TIRE Co., Inc.)との間で締結していた技術提携を解消した。

続きを読む 横浜ゴム、韓国クムホタイヤとの技術提携を解消

NEDO、世界最大規模の水素製造・供給拠点の建設へ

再エネを利用の水素燃料運用拠点を福島県に建設着手。燃料電車への供給実証の開始へ

NEDOこと国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、東芝エネルギーシステムズ、東北電力、岩谷産業は、福島県浪江町に再生可能エネルギーを利用した世界最大級となる1万kWの水素製造装置を備えた水素エネルギーシステム「福島水素エネルギー研究フィールド(Fukushima Hydrogen Energy Research Field (FH2R))」の建設工事を開始した。

福島水素エネルギー研究フィールド完成イメージ
福島水素エネルギー研究フィールド完成イメージ

(動画)福島水素エネルギー研究フィールド(Fukushima Hydrogen Energy Research Field (FH2R))

続きを読む NEDO、世界最大規模の水素製造・供給拠点の建設へ

国交省に燃費・排ガス抜取検査不正で自動車3社から新報告

燃費・排出ガスの抜取検査に係る不正事案で、スズキ・マツダ・ヤマハから不適切取り扱いが新たに浮上

国土交通省は、先のスバル及び日産自動車の燃費及び排出ガスの抜取検査に係る不正事案を受けて7月9日に表記外メーカーに同種事案の有無報告を要請。これに対してスズキ、マツダ、ヤマハ発動機から不適切な取扱いがあったとの報告を8月9日付けで受けた。

続きを読む 国交省に燃費・排ガス抜取検査不正で自動車3社から新報告