2016スーパーGTオートポリス大会の代替イベントを決定

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーGTの運営を行うGTアソシエイション(所在地:東京都品川区、代表取締役:坂東正明)は、4月14日に発生し、今日もその苦難が続く平成28年熊本地震の影響下、中止したオートポリス大会を代替案を決定した。

gotemba-city-and-gt-association-tion-the-relief-supplies-to-kumamoto-it-should-be-noted-that-super-gt-round-3-held-in-the-postponement20160422-1

GTアソシエイションの発表概要は以下の通り。

「平成28年熊本地震」により被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々やそのご家族にお悔やみを申し上げます。

また、一日も早く復旧が進むことをお祈りすると同時に被災された皆様が平穏な日々を取り戻せるようお祈り申し上げます。

5月4日にオートポリス大会を中止し代替案の検討を行うことが発表されておりましたが、代替イベントの概要について下記のように決定いたしました。
なお、イベントの詳細に関しましては、後日改めてお知らせいたします。

開催イベント内容
最終戦を予定している「2016 AUTOBACS SUPER GT Round8 もてぎGT250㎞レース」(11月11日~13日)を“熊本地震復興支援大会”(仮称)と位置付け、2レースを開催する。

・11月11日(金)練習走行(ウェイトハンディ:参戦7、8戦目の走行を予定)
・11月12日(土)Rd.3代替の公式予選、決勝(参戦7戦目のウェイトハンディ:ポイント×1kg)
・11月13日(日)Rd.8の公式予選、決勝(参戦8戦目のウェイトハンディ:無し)