第26回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル開催


26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-23-min
過去開催時の会場の様子

トヨタクラシックカー・フェスティバルは5月24日(日)開催

トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市、社長:豊田章男、以下、トヨタ)の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、自動車文化の醸成と継承を目的とし、地域に根ざしたイベントとして「第26回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を5月24日(日)に開催する。

26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-19-min
2014年時の公道パレードの様子

本イベントは、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)をメイン会場とし、1985年以前の日米欧の一般参加のクラシックカー約100台による恒例の公道パレードを行う。

ナショナルカラーを纏う戦前のレーシングカーのバレードも

併せて「ナショナルカラーをまとった戦前のレーシングカー」をテーマに、国の威信をかけた「ブガッティ タイプ35B」などのクラシックレーシングカー3台や昨年レストア中の姿を披露し、この程完成した「フランクリン シリーズ9」等、当館所蔵車両の展示・走行披露を行う。

26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-7-min
走行披露車(ブガッティ タイプ35B)
26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-5-min
走行披露車(ベントレー 4 1/2リットル)
26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-9-min
走行披露車(アルファロメオ 6C 1750グランスポルト)

さらにClassic Car Circuit(CCC)、Classic Car Studio(CCS)といった来場者がより楽しめるプログラムを展開している。

東京・愛知のイベント名とマークを統一し、一体感を醸成

また、トヨタ博物館開館25周年を機に、2014年秋より、これまで愛知(春)・東京(秋)で異なっていた名称を「クラシックカー・フェスティバル」に統一し、グラフィックイメージも東京と統一したロゴを、今回初披露する。

26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-1-min
クラシックカー・フェスティバル 新ロゴマークが入ったリーフレット

本イベントの実施に際し社長の豊田章男は、「クラシックカー・フェスティバルはファンの皆様と地域の皆様に支えられ、毎年2万人もの方が来場されるまでに成長してまいりました。たくさんの方にお越しいただき、クルマの楽しさを体感いただければと思います。」と述べた。

開催概要は、以下のとおり。
日時:5月24日(日) 9:00~16:00(入場無料)
雨天決行(但し、天候等 諸事情によりプログラムが変更となる場合があります)
会場:愛・地球博記念公園(モリコロパーク) 大芝生広場ほか
参加車両:一般参加車両 約100台、 当館所蔵車両 11台

内容
クラシックカーパレード
出発式(9:00~9:15)
スタート(9:15~10:00)
ゴール(10:00~11:00)

26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-22-min
2014年パレードスタート風景、先導車(トヨペット クラウン RS21型)

車両展示はじめ走行披露、記念撮影、同乗試乗会

車両展示(11:00~15:30)
Classic Car Circuit(CCC) クラシックカーが会場内を走行(11:50~12:40、13:40~14:30)
Classic Car Studio(CCS) 特設ブースから会場の様子を実況(10:00~14:45)

26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-11-min
記念撮影車(ジャガー XK150S)
26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-8-min
走行披露車(ドラージュ タイプD8-120)
26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-6-min
走行披露車(フランクリン シリーズ9:レストア前)

記念撮影(9:30~16:00)

同乗試乗会(12:30~13:00、13:30~14:00、14:30~15:00)
プログラム詳細は別紙参照

【各種イベント】

交通安全ゾーン
親子で楽しめる交通安全イベントやペダルカーの運転などができる。

26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-15-min
2014年時のペダルカー運転の模様

東日本大震災被災地支援ブース(9:30~16:00)
ココロハコブプロジェクトの一環として、本年も東日本大震災被災地支援募金を行い、日本赤十字社に義援金として寄付。募金された方先着2,000名にピンバッジ進呈。

リニモ新緑ウォーキング(スタート時間9:30~11:30、ゴール時間14:30まで)

はなみずき通駅から長久手温泉ござらっせを経由し愛・地球博記念公園にゴール。ゴールした方先着2,000名様にピンバッジ進呈。

マーケットゾーン
「ミュージアムショップ」でトヨタ博物館名物「トヨタ博物館カレー」や「ミニカー」などを販売する他、長久手市内の飲食店なども出店。

当日、イベント会場で配布されるパンフレットと入館券(当日のみ)を当館・本館受付にてご提示いただくと先着1,000名様に粗品をプレゼント。

交通案内
会場周辺の渋滞が予想されるため、リニモ利用者への特典や無料巡回バス等、利用促進施策を実施。

リニモ利用者への特典
リニモ「愛・地球博記念公園駅」改札口で配布(8:30~16:00)する「乗車証明書」を、愛・地球博記念公園大芝生広場のインフォメーションか、トヨタ博物館本館受付にご提示いただくと「トヨタ博物館当日無料ご招待券」をプレゼント。

長久手市内無料巡回バス
長久手市内3箇所のバス停を9:00~17:00の間、15分間隔で運行。

バス停 … 愛・地球博記念公園駅、長久手温泉ござらっせ、トヨタ博物館

お車でお越しの方へ「パークアンドライド」
トヨタ博物館の南側に「臨時駐車場(400台・無料)」をご用意。芸大通駅からリニモに乗り換え、愛・地球博記念公園駅まで3分。

後援・協賛等
後援愛知県、長久手市、愛知県教育委員会、長久手市教育委員会、長久手市観光交流推進会議
協賛公益財団法人愛知県都市整備協会、愛知高速交通株式会社、長久手温泉ござらっせ・あぐりん村
協力公益財団法人豊田市文化振興財団 豊田市ジュニアマーチングバンド、長久手市商工会

26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-25-min

26th-toyota-automobile-museum-classic-car-festival20150422-24-min

イベント関連記事
シトロエンの開放感を体感する6日間、湘南T-SITEにて
トヨタ博物館のクラウン60周年記念展4月25日から
ホンダのジェット飛行機、いよいよ日本の空へ

その他の記事(ニューモデル)
スバル レヴォーグに見る車の未来。全方位危険察知機能、国内初
ホンダ、新型コンパクトワゴン「SHUTTLE」をWEB上で先行公開
日産エルグランドに新グレード「250ハイウェイスターS」追加
スバル、新型CROSSOVER 7(クロスオーバーセブン)を発売
ホンダ新型オープンスポーツS660、4月2日発売198万円から
インプレッサ、SUBARU XV、フォレスターに新シリーズ登場
パナメーラ エディション、4エディションの予約受注を開始
ダイハツ、ミラ イース ミラ ココア ムーヴ コンテ改良
ホンダ、N-WGN/N-WGN CUSTOMを改良・17日発売
スバル、サンバーバンとディアスワゴンを改良
スバル、プレオ プラスを改良、4/8発売

その他の記事(新製品)
スズキ、上海で2台のコンセプトカーと新エンジンを世界初公開
ダンロップ、ハイグリップタイヤのDIREZZA ZII★ベータ02発売
パナソニック、ストラーダに操作性を重視した新製品2機種追加
無限、ホンダN-WGN専用のカスタマイズパーツ群を発表

WeightymattersサイトTOPに戻る