ミツビシ・モーターズ・タイランド、累計生産台数400万台を達成

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

mitsubishi-motors-and-exhibited-at-the-automotive-technology-exhibition20150519-3-min

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:相川哲郎、以下、三菱自動車)は、11月18日、タイにおける生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(以下、MMTh)での累計生産台数が400万台を達成したことを発表した。

これを受けて同社は達成記念式典を実施。式典には同国政府の関係者、取引先など数多くの来賓が列席した。

式典に出席した三菱自動車の相川哲郎社長兼COOは、「MMThが累計生産台数400万台を達成できたのは、ひとえに、タイ政府をはじめとする関係官庁のご支援ならびに、取引先様のご協力と関係者の皆様のご支援の賜物と感謝しております。

引き続き当社は、タイ事業を根幹に据え、お客様の『期待を超えた』ものづくりに精進し、タイの自動車産業と一緒になって発展していく所存です」と述べた。

MMThは、1987年1月の設立以来、海外主要生産拠点と位置付け、積極的に生産・輸出事業に取り組んできた。また、生産能力の拡大に伴い、生産拠点に直結したR&D機能の増強を図っており、引き続き生産車の品質強化・商品力強化をより一層進めていくとしている。

【MMThの概要】
設立:1987年1月
本社所在地:
88 Moo, Phaholyothin Road, Klongnueng, Klongluang, Pathumthani 12120
ラムチャバン工場所在地:
199, Moo 3, Laemchabang Industrial Estates, Tungsukhla, Sriracha, Chonburi, 20230
代表者:一寸木 守一 (ちょっき もりかず)取締役社長 兼 CEO
資本金:70億バーツ
従業員数:約7,400名(2015年10月時点)
生産車種:
第1工場:『ランサーEX』『パジェロスポーツ』
第2工場:『トライトン(L200)』『パジェロスポーツ』
第3工場:『ミラージュ』『アトラージュ』