WHILLの米国向け製品、CES2018でベストオブイノベーションアワードを獲得


革新的なデザインと操作性、小回り性能、IoTを利用したカスタマーサービスに高い評価を得る

WHILL, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:杉江理)は、米国ネバダ州ラスベガスにて開催されるコンシューマ・エレクトロニクス分野での世界最大級の見本市「CES 2018」に米国向けモデルのパーソナルモビリティ「WHILL Model Ci (ウィル モデル シーアイ) 」を出展し「Accessible Tech」部門で「Best of Innovation Award」を受賞した。

今回のCESで披露された「WHILL Model Ci」は、日本市場向けに2017年4月に発表した普及価格帯モデルの「WHILL Model C」の米国向けモデルにあたるもの。

WHILL Model Cと同様、車載性や収納性を高める分解機能に加え、通信回線搭載によるカスタマーサービスの提供が可能な点が大きな特徴になっている。
このためWHILL Model Ciは、速度設定やカスタマーサービスの一部の仕様がWHILL Model Cと異なる。

「CES Innovation Awards」は、28の製品分野で注目すべき製品を複数表彰するもので、製品の品質、デザインの美しさ、ユーザーに提供する価値、製品仕様の独自性と新しさ、競合製品に比べての革新性という評価基準で審査される。

「Best of Innovation Award」は、「CES Innovation Awards」の中でも、各製品分野で最も優れた製品に贈られる賞で、WHILL Model Ciの操作性、小回り性能、iPhoneアプリによる遠隔操作機能、カスタマーサービスにIoTを活用した点が高く評価された。

WHILL Model CiはCESでの出展を皮切りに、米国の総合リハビリ事業大手のNational Seating and Mobility社や車椅子やスクーターのレンタル大手のScootaround社、福祉用具のオンライン販売を行うSpinlife社などの代理店を通じて米国で販売を開始する。

[CES2018 出展概要]
会場:米国ネバダ州・ラスベガス
ブース場所: Sands, Halls A-D – 43943 (Health & Wellness Marketplace)
会期: 2018 年 1 月 9 日(火)~12 日(金)(米国時間)

CES公式HP:
WHILL, Inc. HP:  

<WHILLについて>
WHILLはパーソナルモビリティの開発・販売を行う企業で、2012 年5月に日本で創業。2013年4月に米国カリフォルニア州に本社を登記した。

2014 年に発表した初号機WHILL Model Aは日本・米国で販売しており、2015 年度のグッドデザイン大賞などを受賞。

米国市場向けに開発した「WHILL Model M」は、米国食品医薬品局(Food and Drug Administration)の認可を取得し、2016 年より販売している。

日本市場向けには普及価格帯であるWHILL Model Cを2017年に発表し、同年のグッドデザイン賞を受賞。現在、本社である WHILL, Inc.、日本法人であるWHILL株式会社、台湾の製造拠点を合わせて、約60 名の社員を配している。