アクロニス、モータースポーツのテクノロジーポータルサイトを開設


クラウドデータ保護(仮想ディスク環境の管理ソフトウェア開発・販売)のAcronis(アクロニス、本社:スイス シャフハウゼン、代表取締役会長:ジョン・ザニ)は、モータースポーツ・テクノロジーのオンラインポータル「Acronis Motorsport Portal(英語サイト)」を開設した。

また同サイトのアドバイザー兼ゲストエディターとしてF1ワールドチャンピオンに4度輝き、ルノーe.ダムスの共同オーナーを務めるアラン・プロスト氏が寄稿する。

Acronis Motorsport ポータルは、レースファンとF1・フォーミュラEのチームをつなぎ、一流のエンジニアリングやレーシングを実現するための各チームのデータの活用法、レー スカーの設計、各種テクノロジーの実装に関する関係者の見方を提供する。

このポータルサイトは、F1とフォーミュラEの技術にフォーカスを当てることで、他の一般的なモータースポーツポータルとは、一線を画した新たな切り口を示すものとなっている。

プロスト氏からは助言やコメント等を通じて、モータースポーツ関連のトピックに関するその専門的な意見が共有される。

プロスト氏は、「私はレースの技術的な部分にいつも興味がありました。

チームのエンジニアとも多くの時間を過ごしたものです。優れたドライバーになるためには、レーシングテクニックを知り、テクノロジーを深く掘り下げることが肝要だという信念が常にありました。

オートレーシングほどデータを生み出すスポーツはありません。

生み出されるデータはイノベーションや技術開発を推進し、そうして生まれたテクノロジーは、スピードを争うレースにおいて最も価値ある資 産となります」と述べている。

アクロニスのジョン・ザニ会長は、「Acronis Motorsport Portal」は、モータースポーツの原動力であるテクノロジーを理解する足掛かりを提供する手段です。

Acronisはナレッジの獲得・提供・保護を常に追求し、モータースポーツは最先端技術の極め方に関するナレッジの宝庫です」と語っている。

アクロニスは、AnyData Engineをベースとし、イメージバックアップ技術を配しているもの。仮想、物理、クラウド、モバイル、アプリケーションといったさまざまな環境で、ファイル、アプリケーション、オペレーティングシステムを包括的に保護している。そんなアクロニスは2003年の設立以降、150か国以上の地域、20か国の言語において、500万人以上の個人のお客様と50万社以上の法人などのデータを保護を行っている。

記事関連の詳細情報: 

Twitter: 

Facebook :