横浜ゴム、新型道路ジョイント「YHT-N」型が首都高速1号羽田線で採用


yokohama-rubber-premium-studless-tire-ice-guard-five--for-passenger-cars-sale20150622-4-min

横浜ゴム株式会社(本社:東京都港区新橋、代表取締役社長:野地彦旬、以下、横浜ゴム)は3月31日、道路橋用伸縮装置(道路ジョイント)「YHT-N」型が、2016年1月に首都高速1号羽田線の道路ジョイント交換品として採用され、このほど設置工事が完了したと発表した。

adoption-yokohama-rubber-new-road-joint-yht-n-type-is-in-the-metropolitan-expressway-no-1-haneda20160331-2

今回の実績から老朽化した高架部の大規模な補修が計画されている首都高速道路全域での採用を目指していくほか、2020年東京オリンピック開催に伴い会場周辺路線の補修で需要拡大が予想される道路橋用伸縮装置の販売拡大を図る。

「YHT-N」型は「YHT」シリーズをリニューアルし2015年1月に発売した製品で、従来品に比べ製品内部の止水ゴム部を改良する事により止水性と耐久性が向上したほか、より幅広い取替え補修に対応できるようコンパクトな構造を実現した。

採用条件となる騒音・振動試験を横浜ゴムのタイヤテストコース「D-PARC」で実施、その結果として首都高速道路株式会社から認定を取得し今回の採用となった。