イータス、車載制御開発シンポジウム10月9日に開催


イータス株式会社(本社:横浜市西区、代表取締役社長:ウォルフガング・シーネル<Wolfgang Sienel>)は来る10月9日(金)、東京コンファレンスセンター品川にて「車載制御開発シンポジウム2015 –Symposium on Automotive Embedded Systems Development」を開催する。

今日の自動車には、あらゆる部分に組込み制御システムが使われる。それにより、厳しい排出ガス規制への適合、さらに電動化や自動運転などのトレンドへの対応も可能になる。

一方で、組込みシステムの複雑性に対処するための開発プロセスや手法を迅速に取り入れることが大きな課題だ。

また、組込みセキュリティを搭載したインフォテイメントやその他の車載システムなどによるコネクティビティの増加は、車載組込みシステム設計に新たな課題をも、もたらす。

イータス株式会社が主催・運営事務局を務める車載制御開発シンポジウムは、車載組込みシステム開発に関するトレンド、手法、最新技術などについての情報交換を目的とし、自動車メーカー、サプライヤーおよび関連エンジニアリング企業などの役員、管理職、技術専門職の方々を対象とした内容となっている。

催事では日本と欧州の自動車業界を代表する著名な講演者を招いて、2つの基調講演とそれぞれ6セッションからなる2つの分科会を予定。

分科会Aでは、パワートレイン向けキャリブレーションの進歩について、特にモデルベース適合や実験計画法(DoE)などに焦点を当てる。もう一方の分科会Bは、仮想化やXiL(X-in-the-Loop)などのモデルベース設計や組込みソフトウェア開発をメインテーマとし、組込みセキュリティや組込みソフトウェアアーキテクチャについても取り上げていく。

*車載制御開発シンポジウムに関する申し込み・問合せ

(または Symposium2015.JP@etas.com

イータス株式会社について
イータス株式会社は、自動車産業及びその他組込み産業領域における組込みシステム開発のための革新的なソリューションを提供するETAS GmbHの日本法人として1998年に設立された。

ETASはシステムプロバイダーとして、統合ツールからエンジニアリングサービス、コンサルティング、トレーニング、サポートのためのツールソリューションといった多角的なポートフォリオを提供。なお組込みシステム領域におけるセキュリティソリューションは、ETASの子会社であるESCRYPTにより提供される。