AGC旭硝子、三次元曲面形状の車載ディスプレイ用カバーガラスを世界初量産へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

AGC旭硝子(旭硝子株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)は、三次元曲面形状の車載ディスプレイ用カバーガラスを、京浜工場(神奈川県横浜市)に於いて、世界初の量産を開始した。

併せて、さらなる需要の拡大に対応するべく生産能力の増強を決めた。

AGCグループの車載ディスプレイ用カバーガラスは、車内の高級感やデザイン性を高め、反射を抑える等の表面処理により視認性・操作性を向上させる素材として、カーナビゲーションシステムや 運転情報表示パネルで採用が進んでいる。

同社は、2013年よりグループ会社のAGCディスプレイグラス米沢(所在地:山形県米沢市、社長:三谷孝)で車載用専用ラインによる平面形状タイプの生産を開始。以降、市場の旺盛な需要に対応するため2016年4月には生産能力を増強した。

そして今回、量産を開始した車載ディスプレイ用カバーガラスは、AGCグループ独自の技術による三次元曲面形状のガラスに、化学強化・光学成膜・印刷等の表面処理も施したものとした。

製品はその造形で、自動車の内装デザイン向上に寄与するものに仕上がっているとする。

また、今後はさらに車載ディスプレイの大型化や曲面化が進むことが見込まれるため、京浜工場に於いて曲面形状の車載ディスプレイ用カバーガラスの生産能力を増強する。

AGCグループは、「多様化するニーズや拡大する需要に対しいち早く供給体制を整え、車載ディスプレイ用カバーガラスのリーディングカンパニーとしての地位を確固たるものにしていきます。

また今後も車載ディスプレイ用カバーガラスのパイオニアとして、お客様に満足頂け、新たな価値をプラスした製品をご提供できるよう技術革新を進めてまいります」と述べている。