ヤマハ発動機とグラブ、バイク配車の事業提携で合意

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:日髙祥博)と東南アジア配車サービス最大手のGrab Holdings Inc.は、インドネシアを中心とした東南アジア地域の二輪配車事業で戦略的業務提携に合意した。

これに併せてヤマハ発動機はGrabに対して、1.5億米ドルの出資を実施する。この提携での事業連携は以下2つ。

1)ヤマハ発動機が持つ二輪車の安全に関する技術やノウハウを活用することで、二輪配車サービス需要に対して安全・安心を見える化し、サービス利用者の満足度向上を目指す。

そして、2)二輪配車サービス従事者(二輪タクシードライバー)・検討者に対して、二輪車購入のハードルを下げるスキームを構築する等に取り組み、ソリューションと変革を通じて次世代のモビリティサービスを実現するというもの。

なおヤマハ発動機にとっての意義は、12月11日に発表した2030年長期ビジョンの一環として「ART for Human Possibilities」を旗印にロボティクス技術活用(Advancing Robotics)に加え、社会課題へのヤマハらしい取り組み(Rethinking Solution)。

そしてモビリティの変革(Transforming Mobility)を一層推し進めることで、人々の可能性を拡げ、より良い社会と生活の実現を目指すという意味合いも持たせている。

今提携によりヤマハ発動機ハ、Grabが持つ東南アジアにおける顧客基盤や二輪配車事業に関する知見を活用し、今後の製品開発に活かしていきたい意向だ。

対して2012年創業のGrabは、現在、Grabのアプリは1億2,500万台以上の携帯端末にダウンロードされユーザー数は800万人以上に上る。以来25億回以上の利用があり、サービス対象地域は8ヵ国、235都市に広がった。

これを踏まえ同社は、四輪車の配車サービスのみならず、フードデリバリーや宅配サービスなど同地域で幅広いサービスを提供しており、今後は二輪の配車事業によって軽タクシービジネスなど当地で多様な車両利用が求められる東南アジア地域で、より確固たる地位を築いていく構えだ。

なお今事業提携についてヤマハ発動機の執行役員、MC事業本部長の木下拓也氏は、「このたびのGrabとの戦略的パートナーシップによる協業は、ユーザー参加型の新たな交通システムにおける、ユーザーとドライバーの安全と安心の向上を図るものです。

弊社のテクノロジーにより、今後のモビリティシステムにおける二輪車の価値をさらに向上させるとともに、新たなモビリティソリューションの創出を期待します」と話している。

一方Grab代表取締役社長のミンマア氏は、「私たちはインドネシアにおいて業界をリードする安全モビリティサービスを開発・提供するためにヤマハ発動機とパートナーシップを組んだことを大変嬉しく思います。

二輪タクシーの運転手や乗客の安全は、私たちにとって非常に重要です。東南アジアにおいて最も安全で、かつ信頼性の高い配車サービスを構築する為、ソリューションと変革を通じた次世代のモビリティサービス提供に向けてパートナーと協力し続けます」と語った。

автоматического полива

Наш важный web-сайт , он рассказывает про укладка асфальта http://www.xn--80aaahqpcuvhvipz6j.com.ua/%D1%81%D1%82%D1%80%D0%BE%D0%B8%D1%82%D0%B5%D0%BB%D1%8C%D1%81%D1%82%D0%B2%D0%BE-%D0%B4%D0%BE%D1%80%D0%BE%D0%B3/