アイシングループ、「人とくるまのテクノロジー展2016横浜」に出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイシン精機株式会社(本社:愛知県刈谷市、代表取締役社長:伊原保守、以下、アイシン精機)及びアイシングループ6社(※)は、5月25日(水)から5月27日(金)まで、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2016横浜」に共同出展する。

to-machine-the-aisin-group-50-anniversary-we-introduced-a-new-group-logo20150829-2
同社グループは、「環境・燃費」「安心・安全」「快適・利便」の3つのソリューションを重点に、技術開発シナリオと共に、製品や技術紹介映像を展示。

現在、自動車業界でも注目の集まるハイブリッド技術や、自動運転技術に関してもグループ企業の先端技術、開発力を紹介していく。

aisin-group-opened-in-technology-exhibition-2016-yokohama-of-people-and-cars-20160521-2

その一例としてハイブリッド技術の展示に関しては、アイシングループ各社が提供する燃費向上に貢献する製品や技術を紹介。

「小容量FF2モーターハイブリッドトランスミッション」や「電子制御ブレーキシステム」、「エキゾーストマニホールド」など、最新のハイブリッド車に搭載されている製品をシステムで展示する。

また、自動運転技術に関しては、「緊急路肩退避」や「リモコン駐車」など、開発中の技術を映像でも発信していく構え。

その他、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社では、燃費・動力性能に優れた高容量FF8速オートマチックトランスミッションを出展。

燃費・高効率技術を採用したCVTや、圧倒的なコンパクト化、低燃費化を実現したハイブリッドトランスミッションを展示。2つのディスプレイの連携等により、確認・操作の容易性向上に貢献するナビの技術を、製品展示と共にご紹介する。

例)アイシン・エィ・ダブリュ株式会の出展製品
– 高容量FF8速オートマチックトランスミッション・AWF8F35
– 超リアル3D市街図とメータークラスターの2画面連携ナビ
– 中容量CVT「AWFCX18」
– 小容量FF2モータハイブリッドトランスミッション・AWRHT15
– 車両情報技術のコンセプト映像

aisin-group-opened-in-technology-exhibition-2016-yokohama-of-people-and-cars-20160521-3

アイシングループは、ユーザーが抱く期待に応えうる、より良い製品、新たな価値を提供していくために、研究開発を続けていくとしている。

(※)アイシン精機株式会社、アイシン高丘株式会社、アイシン化工株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、 アイシン・エーアイ株式会社、株式会社アドヴィックス

aisin-group-opened-in-technology-exhibition-2016-yokohama-of-people-and-cars-20160521-1