イタリア・アレーゼのアルファロメオ歴史博物館探訪


105年の歴史を綴るアルファ ロメオ歴史博物館が一般公開

アルファ ロメオ(本社:イタリア・ミラノ<Italia・Milan>、CEO<Maserati/Alfa Romeo CEO>:ハラルド·ウェスター<Harald Wester>)は、2015年6月25日、イタリア ミラノ・アレーゼで、同社105年の歴史を綴るアルファ ロメオ歴史博物館「」を、一般に向けて公開した。

alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-13-min

並記名として、La macchina del tempo(タイムマシン)とも名付けられたこの博物館「Museo storico Alfa Romeo」は、アルファ ロメオのブランド発信の中核的存在として、資料センター、ブックショップ、カフェ、イベント会場、ショールームのほか、テストコースも備え、アルファロメオの過去・現在・未来を、今日につなぐ施設となっている。

同館の歴史は旧く、その初開館は1976年にまでさかのぼる

同館の開館式は2015年6月24日、「Alfa Romeo Giulia」のワールドプレビューと共に行われ、6月30日から一般に公開されている。開館時間は火曜を除く、毎日午前10時から午後6時まで(木曜は午後10時まで)となっている。

alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-11-min

実は同施設の最初の開館は旧く1976年、当時は、予約客に限り入館することが出来る施設だった。

しかしアレーゼの製造工場がやがて閉鎖され、それに伴って、同施設が、運営指示機能を持つ母体を失ったことにより、2009年に一旦閉鎖された。

2014年夏に改築工事が開始され、2015年に再開館へ

しかし、2012年を迎えた頃、アルファロメオのグローバルな再興計画の一環として、同ブランドの歴史を語る上で象徴的な場所にあるこの博物館を、新たに同ブランドを生まれ変わらせるための原点として位置付けられた。

この経緯から2013年末には、建築家のベネデット・カメラナ(Benedetto Camerana)氏を招聘して、ブランド再興と建物保存とを共存させる新たな設計の提示を依頼。

建物の改築作業は、2014年夏に開始され、12か月未満のうちに施設全体を対象とした大規模な復元計画が完成し、FCA Partecipazioniによる承認を受けた。

沿線の自動車道路からアルファ レッドのアクセントが目立つ建物

この新たな建築プロジェクトでは、施設全体の機能が、見直され、新たなブランドの活動や、予想される一般見学者の訪問導線に対応している。

そうした設計指針を、最も特徴付ける要素としては、突出した屋根から館の入口まで。また入口から展示ルートの開始点まで、新設のエスカレーターなど各部に、施設全体を貫く赤いアクセントがある。

alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-12-min

このアクセントは「アルファ レッド」であることから、外部に突出した構造物は、近隣の自動車道からもよく目にとまり、1970年代の建築に置かれた近代的な設備として過去と現在とを繋く、博物館の再生の象徴となっている。

alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-5-min

また建物全体のレイアウトは、空間中心部に代表されるように、アルファ ロメオのDNAを表すものとして、照明、言葉、サインが、下降するらせんに沿って浮かび上がり、時を超えたスタイルの継続と、技術的な一貫性を象徴するものとなっている。

アルファロメオブランドと施設は共通テーマで貫かれている

Museo storico Alfa Romeoに置かれた展示物は、アルファ ロメオの歴史を裏付ける重要な展示物というだけではなく、自動車の歴史そのものにおいても重要な、初期の24馬力の「A.L.F.A.」。

alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-2-min
RL SUPER SPORT

さらにタツィオ・ヌヴォラーリ(Tazio Nuvolari)のドライビングにより伝説のレースであるミッレミリアで優勝した「6C 1750 Gran Sport」、Touring社によりコーチビルドされた「8C」、ファン・マヌエル・ファンジオ(Juan Manuel Fangio)のDドライブによりF1で優勝したGran Premio 159「Alfetta 159」、1950年代を象徴する「ジュリエッタ」から「Championship 33 TT 12」など、69の車種が展示されている。

alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-9-min
A.L.F.A 15-HP-CORSA

ちなみに同施設の設計指針にもなっているテーマで、アルファ ロメオブランドにとって欠くことの出来ない3つの原則(真髄)ある。

そのひとつは「産業としての継続性を表すTimeline(時系列)」、ふたつめは「スタイルとデザインを合わせたBeauty(美しさ)」、そして3つめは「テクノロジーと軽さの結実であるSpeed(スピード)」、この3要素がアルファロメオブランドの核心とも云えるものだ。

2階全体は、ひとつめの神髄であるTimeline(時系列)で構成

そこで同館では、これらのテーマに沿って、それぞれクルマたちがフロアに分かれて展示されている。

ひとつめの神髄であるTimeline(時系列)は、2階全体を占め、アルファ ロメオの発展を最も良く表す19の車種が展示されている。

alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-6-min

ここの展示には、それぞれの車種の歴史をさらに詳しく知ることのできる、双方向システム「interactive memory」も備えられている。

alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-4-min
1900 C52 DISCO VOLANTE
alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-3-min
GIULIA SPRINT GTA

加えて「Quelli dell’Alfa Romeo」と名付けられた展示には、工場の作業員からメカニックまで、テストドライバーからデザイナーまで、エンジニアからオフィスワーカーまで、会社の成長に貢献した多数の人々のネットワークにより100年以上にわたってどのように伝説が作られてきたかが示される。

1階全体は、ふたつめの神髄であるBeauty(美しさ)で構成

続くふたつめの神髄、Beauty(美しさ)の展示は1階にある。その中でテーマエリアが幾つかに分かれており、レイアウトはそれぞれの時代から9つの重要なサンプルを集めた「I maestri dello stile(スタイルの匠)」から、1930年代と1940年代にSuperleggeraブランドの下でTouring社により製造された車種を展示する「La scuola italiana(イタリア派)」まで、イタリアの大手コーチビルダーによるスタイルを思い起こさせるクルマたちが集う。

alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-14-minalfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-7-min

特に中央には、「Alfa Romeo nel cinema(映画に登場したアルファ ロメオ)」が配置されており、その横には1950年代と1960年代の経済成長と当時のイタリアのテイストを表した「Il Fenomeno Giulietta(ジュリエッタ現象)」と、「Giulia: disegnata dal vento(風がデザインしたジュリア)」が展示された。

半地下階は、3つめの神髄であるSpeed(スピード)の展示

最後の神髄、Speed(スピード)の展示は、半地下のフロア全体に拡がる。

alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-1-min
TIPO 33/3
alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-10-min
TIPO 179F “TEST CAR”

2つの世界大戦の間に行われたレースのスターたちを集めたマルチメディア空間の「Nasce la leggenda(伝説の誕生)」、F1レースへのデビューを記念する「Progetto 33」、あるいは「Le corse nel DNA(レースはアルファ ロメオのDNAに刻み込まれている)」など、アルファ ロメオのエンスージアストが、その主な勝利を支えたスターたちに会うことができる空間で、モータースポーツファンにとっては最もエキサイティングなエリアと云えるだろう。

alfa-romeo-history-museum-explore-the-italy-arese20150705-8-min

そして来場者は最後に、「Tempio delle vittorie(勝利の殿堂)」を訪れることになる。

ここは、アルファ ロメオの歴史に残る10回の優勝の模様を画像、サウンド、ムービークリップで展示する空間である。360度の仮想現実フィルムによるアルファ ロメオの世界や、双方向機能を備えたアームチェアに座り、アルファ ロメオの伝説的優勝を4Dフィルムで体験することのできる部屋などが備えられている。(坂上 賢治)

その他の記事(新車関連)
ダイハツ、ウェイクにモンベル・波伝説仕様車追加
トヨタ、ヴィッツを一部改良Toyota Safety Sense C搭載
ホンダ、インドネシアモーターショーに新BR-V出展
トヨタ、プリウスPHVを一部改良して発売
モーガン、英国で電動3輪車「EV3コンセプト」を公表

BMW、ニュー6シリーズを発表
ルノー・ジャポン、ルノー キャプチャーカンヌ40台限定
FCAジャパン、AlfaRomeoGiulia(ジュリア)を公開
フォルクスワーゲン新Passat/Passat Variantの受注開始
スズキ、エブリイ・スペーシアに車いす移動車を追加

Alfa Romeo Giulia(アルファ ロメオ ジュリア)走行映像公開
新型MINI Clubman(ミニ・クラブマン)登場
FCAジャパン、Fiat 500/500C Gialla(ジャッラ)発売
FCAジャパン、Fiat Panda 4×4 Comfort発売
FCAジャパン、Alfa Romeo Giulietta105周年限定車発売

ポルシェボクスターと911カレラのブラックエディション
BMW4グランクーペStyle Edge xDrive135台限定
GMジャパン、キャデラックCTS-Vのパワーユニット発表
GMジャパン、キャデラックATS-Vのパワーユニット公表
アウディA5 Sportback / A5 coupe S line competition

Mercedes-AMG A 45 4MATIC Yellow Color Line発表
インフィニティ新Q30今秋フランクフルト2015で初公開
ホンダ、GRACE(グレイス)にガソリン車を追加し発売
スバル、インプレッサ SPORT HYBRID発売
ダイハツ、3つ目の意匠となる「コペン セロ」を発売

三菱、新型アウトランダーPHEV/アウトランダー発売
メルセデス・ベンツCLA シューティングブレーク発表
メルセデス・ベンツCLA Shooting Brake OrangeArt Edition
メルセデス・ベンツ、新クロスオーバーGLC世界初公開
フォード、エクスプローラーLIMITED EcoBoost限定200台

トヨタ、ランドクルーザープラドを一部改良して発売
アウディ、AUDI R8 E-TRONいよいよ受注開始へ
ホンダ、MotoGPマシンの公道走行車「RC213V-S」発売
VW、UP
!にアイドリングストップ機能、燃費12%向上
BMW、新7シリーズを欧州マーケットで公開

ケータハム、欧州市場へワイドボディ、セブン275R
VW、6年ぶりにM/Tモデルを導入・受注開始
FCAジャパン、コンパクトSUV「Fiat500X」今秋販売
BMW、次世代BMW X1を欧州において公開
BMW、640iクーペM Performance Edition全国10台限定

VW、欧州市場でパサートGTEの受注開始
ホンダ、シビック タイプRの市販モデル、欧州デビュー

英マクラーレン570S/540C Coupe日本初公開
ジャガー、新型スポーツ・サルーン・モデルXE受注開始

ボルボ、Volvo V40 R-DESIGN Carbon Edition88台限定

BMW 5シリーズ セダン限定モデル「Grace Line」発売
スズキ、新型軽乗用車「アルト ラパン」を発売

オペル、5ドアハッチバックの「カール」を正式発表

トヨタ、ハリアーを一部改良、特別仕様車も追加発売

ルノー、小型クロスオーバー車「カジャール」欧州発売

その他の記事(モータースポーツ)
シトロエンDS、フォーミュラEに参戦発表
マクセル電源搭載の無限二輪レーサー、マン島TT連覇
WTCC第6戦・スロバキアでもシトロエン勢の強さ際立つ
ポルシェ911 GT3R が灼熱のタイで今シーズン初ポイント
SUPER GT500第3戦タイ、S Road MOLA GT-R3年ぶりの栄冠

SUPER GT300第3戦タイ、B-MAX NDDP GT-R同地で連覇
シトロエンWTCC欧州3連戦へ。ライバル達の雪辱なるか
三菱アウトランダーPHEVバハ・ポルタレグレ500参戦
TOYOTA GAZOO Racing、スーパー耐久の挑戦者を決定
トヨタ、ル・マン24時間レース健闘したが雪辱果たせず

ポルシェ、ル・マン24時間レース後のチームコメント
VW、WRC第6戦オジェ選手・逆転優勝、今期5勝目
ル・マン24時間、ポルシェ1998年以来17年振りの優勝
フォード、来年度のル・マン24時間耐久レースに参戦宣言
ポルシェ、過酷なレース活動は未来のクルマを育むゆりかご

その他の記事(イベント)
【JAF福島】Superシニアドライバーズスクール開催報告
名神高速道路、全線開通50周年キャンペーンを開催
東名高速道路 EXPASA足柄「エヴァンゲリオン」とコラボ
スーパーモトクロス in 神戸エアポートにダンロップブース
ポルシェ、軽井沢MOTOTECA COFFEEでMacanの試乗会

ブリヂストン、大学とのコラボ企画展2年連続開催
ホンダコレクションホールMotoGP展7/18から
BMW、音楽イベントSadao Watanabe Orchestra協賛
三菱「スターキャンプ2015 in朝霧高原」を開催
トヨタ博物館、企画展「はたらく自動車」を開催

BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2015開催、8月29・30日
第44回東京モーターショー2015出展者決まる
東急電鉄、二子玉川駅でセグウェイに乗るツアー開始
ホンダジェット遂に日本の空へ。国内報道陣に初披露
トヨタ「第39回トヨタ ロビーコンサート」7/30開催

その他の記事(技術)
三菱電気の3Dリアルタイムモービルマッピングシステム
ウィーン工科大、二輪エアバッグにポルシェ博士賞授与
豊田自動織機、トヨタのディーゼル開発・生産の集約加速
ジャガー・ランドローバー、クルマをスマホで遠隔操作
ボッシュ・ダイムラー・car2goで自動駐車実用化へ

ジャガー・ランドローバー、開発中の安全技術を語る
国土交通省、電柱などの側面衝突の乗員保護基準を新設
テスラとガエレクトリックPowerPackをアイルランド導入
ダイムラー、大型トラックの公道自動運転実験を開始
VW、新6リッターエンジンのW12 TSIウイーン公開

トヨタ、燃料電池進化の糸口掴む。性能向上の取組み加速
アウディ、水と電気だけで作るディーゼル燃料の本格運用
理研、太陽光エネルギーを水素へ変換するシステム実現へ
スズキの欧州販売車VITARA、ユーロNCAP評価で5つ星獲得
アウディ、電動ターボ搭載TTクラブスポーツコンセプト

その他の記事(企業・経済)
スズキ、代表取締役の異動と役員新体制を発表
マツダ、グッドウッドフェスティバルオブスピード参加
タカタ株式会社、6月25日に定時株主総会を開催
トヨタ、北米新本社屋の完成予想図を公開
曙ブレーキ工業、スロバキア欧州製造子会社の開所式

パイオニア、東京海上日動火災保険と事業協業
日産、第116回 定時株主総会。ゴーン氏報酬初の10億円超
ホンダ、株主総会開催。伊東孝紳社長、リコールに陳謝
いすゞとGM、米国向け商用車に関する協業に合意
トヨタ、定時株主総会で新型種類株式の発行を可決
スズキ、マレーシアのプロトン社と協業

カローラ、長谷川氏の想い受け継ぎ国内累積1000万台
独ダイムラー、産業・家庭用蓄電池ビジネスに参入
光岡自動車、欧州進出。HIMIKOを英国市場に投入
スズキ2気筒0.8Lディーゼルエンジンを開発しインド投入
住友ゴム工業、Goodyear社とのアライアンス契約合弁解消

その他の記事(話題)
アウディ、月面探査車で月へのミッションをサポート
JAFホームページで車両冠水の検証テスト動画を公開
メルセデス・ベンツ、羽田空港に情報発信拠点をオープン
パイオニア、LTE通信ミラー型テレマティクス端末を発売
JAFのWebサイトに対話型ナビゲーター登場

矢野経済研究所、中古車流通市場調査結果を発表
日本エレクトライク、三輪EVの型式認証を取得
JAF長野が検証、チャイルドシートの取付9割が不適切
ポルシェ、クラシック911用ダッシュボードを再現し販売
ホンダシビックツアラー1.6i-DTEC燃費のギネス記録挑戦

DeNA、スマホ向け無料カーナビアプリ「ナビロー」提供
ヤナセ、創立100周年を記念して社会貢献活動を実施
タカタ、米国運輸省とエアバッグの市場処置拡大で合意
スマートとJBLで造った仰天モバイル・コンサートカー
運転テクニックアンケ、女性「合流」・若者「駐車」が苦手

WeightymattersサイトTOPに戻る