全軽自協、平成28年1月の軽自動車新車販売速報を発表。13ヵ月連続のマイナス数値


全国軽自動車協会連合会(会長:松村一、略称:全軽自協)の調べによる平成28(2016)年1月の軽自動車新車販売台数(新車新規検査台数、トレーラー等を除くナンバーベース)は、全体で145,215台、前年同月比11.6%減となり、13ヵ月連続のマイナスとなった。

車種別では、乗用車は118,610台で前年同月比13.0%減(13ヵ月連続減)、貨物車は26,605台で同 4.3%減(5ヵ月連続減)。貨物車の内訳は、ボンネットバン1,109台で前年同月比17.2%減(9ヵ月連続減)、キャブオーバーバン12,213台で同 1.9%減(5ヵ月連続減)、トラック13,283台で同 5.1%減(5ヵ月連続減)となっている。

all-light-jikyo-in-january-2016-announced-a-mini-vehicle-sales-of-new-cars-essentials-13-consecutive-months-of-negative-numerical-value20160202-1all-light-jikyo-in-january-2016-announced-a-mini-vehicle-sales-of-new-cars-essentials-13-consecutive-months-of-negative-numerical-value20160202-2all-light-jikyo-in-january-2016-announced-a-mini-vehicle-sales-of-new-cars-essentials-13-consecutive-months-of-negative-numerical-value20160202-3

関連リンク