「マツダ フレアクロスオーバー」を一部商品改良

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道、以下、マツダ)は、『マツダ フレアクロスオーバー』を一部商品改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて12月18日より発売する。

and-some-product-improvement-to-mazda-flare-crossover20141218-1

今回の一部商品改良では、ターボエンジン搭載機種を対象に、燃費性能を高めるISG(Integrated Starter Generator:モーター機能付発電機)を搭載したシステム「S-エネチャージ」を採用した。

さらに、「デュアルカメラブレーキサポート」(衝突被害軽減システム)を一部機種に採用し、安全装備を充実した。また、ボディカラーに新色を追加し、シート表皮のデザインを変更するなどして魅力を高めた。

and-some-product-improvement-to-mazda-flare-crossover20141218-2

「フレアクロスオーバー」の一部商品改良の概要は以下のとおり

・ターボエンジン搭載機種(XT)にISG(モーター機能付発電機)を搭載した「S-エネチャージ」を採用
・燃料を多く必要とする加速時にモーターアシストすることで、エンジンの負荷を軽減し、燃費の向上に貢献。
・アイドリングストップからのエンジン再始動時の静粛性、快適性を向上。
・燃費性能向上 JC08モード燃費*1の改善(2WD:1.0km/L向上、4WD:1.2km/L向上)
・デュアルカメラブレーキサポート(衝突被害軽減システム)を採用(XS、XT)
・ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート(DCBS)」をXS、XTの全車に採用。クルマだけでなく歩行者も認識し、衝突回避または衝突時の被害軽減をサポート。
・車線逸脱警報機能を装備
・ふらつき警報機能を装備
・先行車発進お知らせ機能を装備

・デザインの変更
新色「アクティブイエロー2トーンカラー(ブラックルーフ)」を追加(全機種)、シート表皮(ファブリック)デザインの変更(全機種)

・快適装備の追加
ステアリングオーディオスイッチ(XS、XT)
助手席シートヒーター(全機種)

メーカー希望小売価格は以下のとおりmazda-flare-crossover20141218-5