自動車技術会、中高生対象「第4回カーデザインコンテスト」作品募集締切り迫る


公益社団法人 自動車技術会(所在地:東京都千代田区、会長:加藤光久)のデザイン部門委員会は、中高生を対象としたカーデザイナーの人材育成プログラムとして、「第4回カーデザインコンテスト」を開催している。

カーデザインコンテストとは、日本のモノづくり産業、自動車産業の将来を担う創造力豊かな人材の発掘と育成を目的とする、中高生世代を対象にしたコンテスト。

approaching-the-society-of-automotive-engineers-junior-and-senior-high-school-students-subject-4th-car-design-contest-work-recruitment-deadline20160108-2

 

■名称:
公益社団法人自動車技術会
第4回カーデザインコンテスト

■主催公益社団法人:
自動車技術会 デザイン部門委員会

■開催目的:
未来のカーデザイナーを育てる「カーデザイナー人材育成プログラム」の一環として、中高生を対象とした「カーデザインコンテスト」を開催する。

本コンテストを通じて、中高生に「カーデザイン」に興味を持ってもらうことを目的とする。また優れた作品(受賞作品)に対してプロのカーデザイナーより指導を行うことにより、カーデザインへの興味・技術の更なる向上を目指す。

approaching-the-society-of-automotive-engineers-junior-and-senior-high-school-students-subject-4th-car-design-contest-work-recruitment-deadline20160108-3

■募集テーマ:
10年後の暮らしを楽しくするクルマのデザイン
様々な新技術により、10年後には日々の暮らしは更に発展・便利なものになり、技術やデザインが更に進化している。
そんな未来において、あなたの考える「10年後の暮らしを楽しくするクルマのデザイン」として現在のクルマにとらわれない、まったく新しい発想のオリジナリティ溢れる革新的なデザインを募集する。

■応募資格:
日本国籍の中学生,高校生,高等専門学校の1~3年生(海外在住も可)
■募集期間:
2015年11月1日~2016年1月20日(〆切は1月20日の消印有効)
■審査員:デザイン部門委員会委員,委員関係者,自動車技術会関係者

■賞の種類:
– カーデザイン大賞(トータルで最も優れた作品)
– カーデザイン賞(イメージや機能が最も優れて表現されている作品)
– ダビンチ賞(工学的な工夫に優れた作品)
– 佳作(最終選考にエントリーした作品・上記入選作品を除くもの)

■入選作品(カーデザイン大賞、カーデザイン賞、ダビンチ賞)に賞状と副賞品(画材道具等)を進呈。入選及び佳作作品は、作品・受賞者名を本会ホームページ上で公開する。
※この他に審査員が特別に優秀と評価した作品があれば,審査員特別賞を設ける。

■応募資格
全国の中学生、高校生、高専1~3年生
※作品は未発表オリジナルのものに限る。

■応募方法
応募規則、応募用紙を下記URLよりダウンロードし、応募規則を確認の上、(1)必要事項を記入した応募用紙、(2)デザイン画(A4サイズ)、(3)作品の説明(A4サイズ)の3枚を一緒にして、下記まで郵送(締切り最終日当日の消印有効)。
<  >
〒102-0076 東京都千代田区五番町10番2号 公益社団法人自動車術会「カーデザインコンテスト係」

作成要領
■テーマ応募テーマに基づいた、オリジナルのクルマを描く。
(クルマとは、”地上で人や物を運ぶ乗り物”とする。乗用車、トラック、バス、バイク等、形状は問わない)

■手法手書き
(パソコンを使用したCG作品、貼り絵、切抜きなどによる作品は応募作品として認められない)
※以下URLの「学習の扉」「ワザ」ページでは、カーデザインの技法が学べる。
<  >

■紙/サイズ画用紙等、厚めの用紙/A4サイズ
■画材色鉛筆、マーカー、クレヨン、絵の具など自由。
■色原則としてカラー
■アピールポイント作品の説明用紙に、デザインしたクルマのアピールポイントを200文字以内で添付。

■審査方法
下記の視点から自動車技術会デザイン部門委員会において、厳正な審査を行う。
(1)自分が考えているイメージや機能が絵に表現されているか
(2)新規性、進歩性、独創性があるか。

問い合わせ:
公益社団法人自動車技術会 「カーデザインコンテスト」事務局
TEL. 03-3262-8235
受付時間:月曜~金曜/10:00~17:00 ※土・日・祝日にはご利用できない。

主催:公益社団法人自動車技術会デザイン部門委員会
企画:公益社団法人自動車技術会デザイン部門委員会
協賛: 株式会社トゥールズインターナショナル
東京貿易テクノシステム株式会社