アウディA4、2016-2017インポート・カー・オブ・ザ・イヤー受賞

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)のAudi A4 / A4 Avant ならびにAudi A4 allroad quattroが、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が選定する 「2016-2017インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

37年の歴史を持つ「日本カー・オブ・ザ・イヤー」において、アウディが「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したのは初。

授賞理由は以下の通り。
「アウディの中核モデルとして役割を十二分に果たす全体的な完成度の高さを持っている。

ラインナップが豊富で、さらに運転支援システムやコネクティビティ、インフォテイメントシステムなどは最新のものを装備していることも評価した。また、クオリティの高い走行フィールを実現していることにも好印象を受けた。」

Audi A4は、前身であるAudi 80と併せて累計1,200万台以上を販売してきたプレミアムミッドサイズカーである。

今回8年ぶりの全面改良を施した新型Audi A4は、予防安全システム、渋滞時に於ける同一車線内で追従機能等を投入。このセグメントに於ける新たなベンチマークカーを目指して発売された。

受賞にあたってアウディジャパン社長の斎藤 徹氏は、「新型Audi A4シリーズは、新世代のパワートレインの採用や大幅な軽量化により、従来モデルと比べ燃費性能を最大33%向上。躍動感あふれるスポーティでエレガントなデザイン、卓越したドライビング性能、先進の安全装備、“五感”に訴える高い品質と多彩なユーティリティでこのクラスに新しい基準を打ち立てました。

新型A4シリーズが持つ数々の特徴を高く評価していただいた選考委員の皆さまに感謝するとともに、今回の受賞を心から嬉しく思っております。」と述べている。

日本カー・オブ・ザ・イヤーについて
市販を前提として日本国内で発表される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀な乗用車を選定し、その乗用車に日本カー・オブ・ザ・イヤーのタイトルを与え、その開発・製造事業者を称えることにより、一層の性能・品質・安全の向上を促すと共に業界発展と地球環境保護、交通安全に寄与することを目的に設立されている。1980年の第一回から数え、本年は第37回目となる。

定められている章典は、以下の通り。

  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー
    最も優れた乗用車一台にのみ与えられる。
  • インポート・カー・オブ・ザ・イヤー
    日本カー・オブ・ザ・イヤーに日本国産車が選出された場合、最も優れた輸入乗用車一台にのみ与えられる。
  • 10ベスト・カー
    該当年度における最も優れた10車種の乗用車に与えられる。
    部門賞

ノミネートされた全乗用車より、以下の部門賞が与えられる。

  • イノベーション部門賞
    環境、安全その他の革新技術を、最も持つ乗用車に与えられる。
  • エモーショナル部門賞
    秀でたデザイン、ドライブ・フィールなどを、最も持つ乗用車に与えられる。
  • スモールモビリティ部門賞
    最も優れた軽自動車(将来的には超小型モビリティを含む)に与えられる。
  • 特別賞
    日本カー・オブ・ザ・イヤーとは別に、その年に特別なインパクトを与えた福祉車両、モビリティの発展に貢献した施策/イベント、業界に貢献した功労者などに与えられる。