アウディA8、「ワールドラグジュアリーカー2018」を受賞

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディのフラッグシップモデル、ワールドカー アワードで9回目の受賞

独・アウディAG(本社:ドイツ・バイエルン州インゴルシュタット、取締役会長兼CEO:ルパート・シュタートラー)のAudi A8が「ワールド ラグジュアリー カー 2018」を受賞した。

授賞式は、3月28日、ニューヨークモーターショー会場において行われた。今回のアワードでは、世界24か国の82人から構成される選考委員会が、エモーショナルな魅力、快適性と安全性に加えて、環境性能、ドライビングパフォーマンス、市場適合性、コストパフォーマンスの各項目を評価した。

Audi A8は、最終選考に残った他の2台のライバルを抑え、アウディにとって9回目のワールド カー アワード受賞が決定した。

この受賞に技術開発担当取締役のペーター メルテンス氏は、「今回の受賞は、アウディおよび弊社のフラッグシップモデルにとって大変な栄誉となるものです。

新型Audi A8は、自動車業界全体の革新を牽引する役割を果たしています。このクルマは、革新的なタッチ コントロール システム、一貫性のある広範囲な電動化、条件付き自動運転を実現した技術により、自動車エンジニアリングにおける新たな基準を確立しています」と語っている。

ちなみにAudi A8は、ネッカーズルムの工場で生産されており、2017年11月から販売されてきた。

アウディのワールド カー アワード 受賞履歴
2005 :Audi A6 ワールド カー オブ ザ イヤー
2007 :Audi RS 4 ワールド パフォーマンス カー
2007 :Audi TT ワールド カーデザイン オブ ザ イヤー
2008 :Audi R8 ワールド パフォーマンス カー
2008 :Audi R8 ワールド カーデザイン オブ ザ イヤー
2010 :Audi R8 V10 ワールド パフォーマンス カー
2014 :Audi A3 ワールド カー オブ ザ イヤー
2016 :Audi R8 ワールド パフォーマンス カー
2018 :Audi A8 ワールド ラグジュアリー カー