アウディAG、独インゴルシュタット地域でエアタクシー計画に参画

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

独・アウディAG(本社:ドイツ・バイエルン州インゴルシュタット、暫定取締役会長兼CEO:アブラハム・ショット)は6月20日、ベルリン連邦首相府傘下に於いて、多彩な産業分野からバイエルン州インゴルシュタットに集結した企業と共に「エアタクシープロジェクト」の調印書に出席した。

この時期、EU全体を巻き込んだこのような大型プロジェクトを進めていく真の目的は世界に先駆けて、ここドイツ国内でエアタクシーの試験運用のモデルケースを構築することにある。アウディは同プロジェクトへの参加を通して、3次元モビリティの社会構築に際して中核的な役割を果たしていきたい意向だ。

調印式には、アウディAGの暫定取締役会会長兼セールス&マーケティング担当取締役のアブラハム・ショット氏の他、ドイツ連邦運輸大臣のアンドレアス ショイヤー氏。

デジタル化担当大臣のドロテー ベア氏、エアバス最高技術責任者(CTO)のグラツィア ヴィッタディーニ氏、インゴルシュタット市長のクリスティアン ルーゼル氏及び、その他の政済界の代表者が集い「エアタクシープロジェクト」の開始を表明した。

登壇したショット氏は「コネクテッドカー、電気自動車、そして自動運転車は、都市交通をより快適でクリーンなものにし、公共スペースを大幅に節約します。

つまり未来に於いては、都市に住む人々の生活の質が大きく向上することを意味しています。また今回、試験運用に着手する3次元モビリティも、都市の未来にとって重要な役割を果たすことになるでしょう。

私たちは、このプロジェクトがインゴルシュタットで実施されることを大いに歓迎すると共に、未来のエアタクシーの試験場として、この地域の発展を支えていきたいと考えています。

また当社は、先の3月に開催されたジュネーブモーターショーで、エアバスと当社子会社のイタルデザインが、水平移動(自動車)と垂直移動(パッセンジャードローン)を組み合わせた電気自動車の自動運転コンセプトカー ”Pop.Up Next”を発表しています。

今回のアーバンエアモビリティプロジェクトでの私たちが果たすべき役割は、アウディが持っているノウハウを活用して都市生活を改善し、都市や人々のさまざまなニーズに応える新しいモビリティコンセプトを世界に先駆けて発明することです。

遠い将来、必ずや”Pop.Up Next”のようなコンセプトカーが、大都市の道路や上空で人々を素早く快適に輸送し、都市交通の問題を解決することになるでしょう」と語った。

ちなみにこのアーバンエアモビリティプロジェクトは、欧州連合が推進しているスマートシティ及びコミュニティ(SCC)政策で、ヨーロピアンイノベーションパートナーシップ(EIP)と呼ばれるEUイニシアチブを市場へ導入する取り組みの一環として行なわれる。

またこのプロジェクトの宣言書には、ハンブルクやジュネーブといった他のヨーロッパの参加都市が行うEUイニシアチブの第1フェーズについても言及されている。