アウディとエニカ、「Audi A3」48時間無料のカーシェア・キャンペーンを実施


Anycaの仕組みを通じたキャンペーンタイトルは「先進を、シェアしよう。“Share A3 Campaign” by Anyca」。

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)が提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」と共同で、カーシェアで2017年新型モデルのAudi A3が楽しめる期間限定キャンペーン「先進を、シェアしよう。“Share A3 Campaign” by Anyca」を2017年3月31日(金)より実施する。

このキャンペーンでは、2017年最新モデルのAudi A3を、Anycaにおける個人間カーシェアのシステムを通じて、無料で最長48時間利用することができる。また、自動車メーカーによるこの取り組みは初の試みとなる。

キャンペーンの具体的な概要は、全国のAnycaユーザーの中から選ばれた10名が、本キャンペーンのシェアオーナーとして最新モデルのAudi A3と共にAnycaに登場する。

Anycaアプリにてドライバー登録を完了した方は、この10名のシェアオーナーへ通常のAnycaの利用方法と変わることなく、日程や利用希望時間をお問い合わせの上カーシェアを愉しむというものそのため、今回実施のキャンペーンには別途応募や登録の必要無しに参加が可能。

但し、実際の車両はアウディから貸与されるもので、オーナーはこのキャンペーンにおける管理者であり、実際の持ち主ではない。

実施の理由等についてアウディでは、「モビリティサービスの普及に伴い、車の所有に対する価値感が変化している中、アウディも消費者に対してこれまでと違ったアプローチを実践しています。

アジア地域では、プレミアムモビリティサービスのカーシェア『アウディアットホーム』の展開がスタートしている中、日本マーケットに於いてもブランド体験をより身近にする試みとして、カーシェアシステムを利用した試乗体験を提供いたします。

アウディのブランド体験を提供できる新しい場として、『C to C』スタイルのカーシェアリングサービスAnycaを通じ、より多くの方々にカーシェアの利便性を体験していただくとともに、ドライブの楽しさを体験してもらう機会を提供したいと考えています」と述べている。

キャンペーンサイト: