アウディ ジャパン、AUDI AGの認定中古車検索システムを新規導入して正式運用を開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

AUDI AGがグローバルに展開する中古車車両検索システム(VTP)を日本導入。YouTubeと連動した車両紹介も導入準備へ

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、Audi認定中古車(AAA)検索サイトシステムを、自社サービスの一環として新導入し、2017年3月7日(火)より正式に運用を開始した。

この新サービスは、AUDI AGがグローバルに展開する検索システムVTP(Vehicle Transaction Platform)を導入したもので、エリア(都道府県)、モデル、エンジン、トランスミッション、カラー、年式、走行距離、保証期間といった検索機能が追加された。

また、スペック情報やオプションなども含めた装備情報といった詳細表示を可能としている。

さらにPC向け及びスマートフォン向けサイトを統合することで、使い勝手の向上を図った。なお今後は、YouTubeと連動し、車両の特徴の動画での紹介も可能としていく意向だ。

ちなみにこの「Audi認定中古車(AAA: Audi Approved Automobile)」とは、Audi自身が取り扱い中古車に保証やサポートを付与して提供するもの。

2月1日(水)より新保証制度を導入し、初度登録から10年以内、走行距離10万Km以下の車両を対象とするなど、認定中古車としての認定範囲を拡大している。

また保証期間の違いにより1年保証+延長保証(オプション)の「AAA」、2年保証の「AAA Premium」、輸入車初の試みとなる初度登録から最長5年間無償保証(新車3年保証+2年保証)が継続する「AAA Premium Plus」)3つのグレードを設定した。

この際、併せてナビゲーション地図のアップデートも適用可能車種で実施した上で納車される。

保証の対象は、エンジン、トランスミッション、ブレーキやサスペンション等の主要部品を含み、購入後の走行距離に関係なく保証。故障などの予期せぬトラブルには、365日体制で応急処置アドバイス、出張応急修理や牽引搬送等を迅速に行うロード・アシスタンス・サービスも継続して付帯される。

現在、アウディ ジャパンは最新のCI/CDを導入した店舗や業務品質向上に加え、Audi認定中古車販売店の拡充も積極的に推進中で、3月7日(火)現在に於いて日本国内に於けるAudi認定中古車(AAA)販売店数は100店舗*となっている。

※AAAセンター店(認定中古車専売):50店舗、コーナー店(新車と認定中古車を併売):50店舗