アウディ ジャパン、国内2拠点でVR(バーチャル リアリティ)テクノロジー体験イベントの開催へ


「Audi Walking VR experience(アウディ ウォーキング VR エクスペリエンス)」を世界で初めて、屋外にて実施

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、2月25日(土)、26日(日)に三井アウトレットパーク木更津、3月4日(土)、5日(日)に神戸三田プレミアム・アウトレットにて、クルマを置かないバーチャル空間「Audi VR(バーチャル リアリティ)テクノロジー体験イベント」を実施する。

Audi VRテクノロジー体験イベントは、ドイツで開発されたVRヘッドセットを装着し、かつてないリアリティでディテールに至るまでアウディモデルの仮想体験をすることができるイベント。

来場者は興味のあるモデルを好みの仕様に変え、仮想空間上で確認することができる。

さらにクルマの周囲をめぐったり、運転席や助手席に座ったり、インテリアの各部分を間近に観察することも可能。エンジンルームの中を覗き見る、といった特別な体験をすることもできる。

Audi VRテクノロジー体験のデバイスセットには、高性能VR ヘッドセットであるHTC Vive とトラッキングシステムが組み合わされている。

アウディ ジャパンでは、「お客様にクルマに関する、より自然なバーチャル体験に触れていただく機会を提供します。

今回のVRテクノロジー体験はドイツ ミュンヘン空港のコーポレートショールーム『my Audi Sphere(マイ アウディ スフィア)」で展開している、最新のVRテクノロジー施策の一つ「Audi Walking VR experience』を日本向けにアレンジしたもので、屋外では世界で初の実施となります。

また、デジタル施策と連動し「Audi VRテクノロジー体験キャンペーン」を行います。

Audiドイツ本社をはじめ、ベルリンとミュンヘン を巡る6日間のプレミアムツアー、家庭用ハイスペックVRヘッドセットなどが当たるキャンペーンです。

近年ハイテク産業分野の技術発展に伴い、アウディはハイテクシュミレーションツールを多く採用しています」と述べている。

VR技術に於いて、アウディはかねてよりビジネスに積極的に取り入れてきた。

具体的には、2016年6月、ドイツ ミュンヘン空港のターミナル1と2の間に位置するミュンヘンエアポートセンターにあったAudi Forumを「my Audi Sphere」にリノベーションし、アウディのもつ最先端のVR技術を使ったショールームをオープンした。

そこは現実世界とアウディのバーチャルな世界をつなぐ、デジタルイノベーションを、AUDIのファンと共有できる場所となっており、欧州各国で展開される様々な最新技術の発信拠点としてのハブ的役割をも担っている。

また、アウディの販売活動をデジタルによってつなぐサイバーストア「Audi City(アウディ シティ)」も、2012年にロンドンで第1号店をオープンし、現在はベルリン、ロンドン、パリ、イスタンブール、北京、モスクワといった国際的な大都市の商業地区で進化させている。

Audi Cityは、そうしたアウディの革新的なデジタル技術と実際のディーラーの強みを融合したショップで、好みのアウディモデルを自分用にカスタマイズし、ほぼ実寸大のスケールでスクリーンに映し出すバーチャルな体験ができる場である。

「Audi VRテクノロジー体験イベント」 実施概要
期間:2017年2月25日(土)、26日(日)10:00~17:00
場所:三井アウトレットパーク木更津  ピアストリートイベントスペース
〒292-0009 千葉県木更津市金田東3-1-1

期間:2017年3月4日(土)、5日(日)10:00~17:00
場所:神戸三田プレミアムアウトレット Jimmy choo横イベントスペース
〒651-1515 兵庫県神戸市北区上津台7-3

*会場アンケートの協力者には、AudiオリジナルVRコンテンツを楽しむことのできるAudi VRスコープをプレゼントする。

「Audi VRテクノロジー体験キャンペーン」実施概要
期間:2017年2月20日(月) ~ 3月20日(月)
賞品 / 当選者数:
ドイツでのプレミアムなAudi体験の旅 / 1組2名様
HTC Vive / 10名様
RICOH THETA SC / 25名様
Amazonギフト券5,000円分 / 30名様

キャンペーンURL: