オートバックス、インドネシア3号店の「TSM バンドン店」12月9日・新規オープン

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシア・ジャワ島西部・西ジャワ州の州都バンドンの高級ショッピングモール内に出店

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区豊洲、代表取締役社長執行役員:小林喜夫巳、以下、オートバックス)は、インドネシア 3 号店となる「オートバックス TSM バンドン店」を、インドネシアジャワ島西部、西ジャワ州の州都バンドンに 2016 年 12 月 9 日(金)に新規オープンした。

新規オープンした「オートバックス TSM バンドン店」は、2013 年 8 月にインドネシア企業のインドモービルグループと合弁で設立した PT. AUTOBACS INDOMOBIL INDONESIA が、新たに PT.YAN MAKMURJAYASEJAHTERA とライセンス契約を締結して出店するもの。

オートバックスグループは、アセアン地域において、1995年にシンガポールに初出店し、現在シンガポールに 2 店舗、タイに 8 店舗、マレーシアに 5 店舗、インドネシアに 2 店舗を出店済。

今回の出店により、アセアン地域におけるオートバックスグループ店舗は 18 店舗目を数える。

新設店舗は、アジア・アフリカ会議で有名な、バンドン市内の高級ショッピングモール「トランススタジオモール」内への出店となる。

店舗向かいのモール駐車場内に、商品の取り付けや簡易メンテナンスを行うピットを設置したインショップ型店舗となっている。

昨今、インドネシアは経済の成長が著しく、急速に自動車の普及が進んでいることから、今後カーアフター市場は大きく拡大する。

そうしたなか、インドネシアに於ける休日の過ごし方として、家族で自動車に乗って移動することは日常的なものになってきている。

オートバックスでは新店舗について、「昨今のインドネシアに於けるお客様の行動を鑑み、女性やお子様連れのお客様など、全てのお客様が心地よく過ごしていただける高級感のある店内空間としました。

売場では、生活の中での使用シーンをイメージできるような商品の提案や説明を行い、厳選した約 650 アイテムの品ぞろえを行うことで、多くのお客様にお買い物を楽しんでいただけるものと考えています」と述べている。

店舗の概要は下記の通り。
店 舗 名 : オートバックス TSM バンドン店
開 店 日 : 2016 年12 月9 日(金)
所 在 地 :
Trans Studio Mall Bandung, Lower Ground, LGK 08-08A, Jl. Gatot Subroto 289,
Bandung, West Java – Indonesia
連 絡 先 : TEL. +62-22-8601 2317
敷地面積 : 78,535m2(23,798 坪)<共用> 売場面積 : 128m2(38 坪)
駐車台数 : 3,500 台<共用> ピット台数 : 2 台
営業時間 : 10:00~22:00
定 休 日 : なし
経営母体 : PT.YAN MAKMURJAYA SEJAHTERA 責任者 : Jip Piter Yan

問い合わせ
オートバックスお客様相談センターフリーコール:0120-454-771
受付時間:平日 9:00~12:00 13:00~17:30