自動車技術会、「自動運転AIチャレンジ」来春開催

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

公益社団法人自動車技術会(所在地:東京都千代田区、会長:坂本 秀行)は、2019年3月23日・24日の2日間で「自動運転AIチャレンジ(Japan Automotive AI Challenge)」を開催する。

CASEが自動車業界の技術競争の中心となる中、日本国内に於いてAIやITの技術者が不足している。このため自動車業界全体で急速に必要性が高まっている。

そこで自動車技術会は、今後の自動車業界を牽引する技術者の発掘・育成の為の新たな取り組みとして、AI技術を競う国際的な大会の開催を決めた。実施にあたっては産官学が協力して行う同大会を起点に、自動車産業の発展に寄与する枠組みの構築を目指す構えだという。

その実施内容は、まず自動運転AIチャレンジの参加者は経済産業省主催AIエッジコンテストに参加し、オンラインのアルゴリズム精度競技を行うことが皮切りとなる。

その競技の上位チームが、開発したアルゴリズムを自動運転プログラム(Autoware)に実装、デジタル地図作成やセンサーチューニングを行い、カート車両に搭載。カート車両で試験路にて各種設定された課題をクリアし、ゴール順位を競うというもの。

運営体制は、主催が自動車技術会・自動運転チャレンジ検討ワーキンググループ。後援は経済産業省(予定)並びに日本自動車工業会(予定)としている。

競技ルール概要では、カート車両はすべて同スペックであり、自動運転プログラム(Autoware)を搭載したPCも同スペックの物とする。チームにて開発したアルゴリズムをAutowareに組込み、各競技に参加する。評価については「完走」「タイム」「のりごこち」の3つのトライアルを実施する。

自動運転チャレンジ検討ワーキンググループのメンバーは以下の通り
委員長:葛巻清吾(トヨタ自動車)、リーダー:加藤真平(東京大学/ティアフォー)、幹事:平野洋之(トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント)。 東雄一(自動車技術会)、 糸賀拓馬(SIGNATE)。 大前学(慶應義塾大学大学院)、 小木津武樹(群馬大学)、 小嵜耕平(リクルートテクノロジーズ)、 雄谷誠祐(ヤマハモーターパワープロダクツ)、垣見直彦(経済産業省)、齊藤秀(SIGNATE)。 佐々木敬規(トヨタ自動車)、新海正史(損害保険ジャパン日本興亜)、 菅沼直樹(金沢大学)、高野宏冶(本田技術研究所)、竹内栄二朗(名古屋大学大学院)、谷川浩(日本自動車研究所)、 中野裕太(経済産業省)、浜野紘一(SIGNATE)、廣瀬一人(NVIDIA)、増田陽洋(経済産業省)、松岡誠(本田技研工業)、松尾豊(東京大学大学院)、柳井達美(日産自動車)

日程:2019年3月23日(土)、24日(日)
場所:関東近郊で検討中
参加チーム:出場は4チーム、1チームあたり最大3名とし、各チームにAIエッジコンテストの上位入賞者が1名以上含まれる。