BBSジャパン、2017年スーパーGTで日産&ニスモ系2チームへ鍛造ホイール供給へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーGTでタイトル奪取を狙う日産/ニスモの2チームがBBSホイールを装着

BBSジャパン株式会社(本社:富山県高岡市、代表取締役社長:野坂訓正)は、2017年の国内モータースポーツの最高峰カテゴリーとして位置づけされるスーパーGTに於いて2017年シーズンは日産/ニスモのエースナンバー23号車を擁するチーム「NISMO」の「MOTUL AUTECH GT-R」にBBS鍛造ホイールを供給する。

これにより昨年のGT500参戦チーム「MOLA」の「S Road CRAFTSPORTS GT-R」に加えて、日産/ニスモ系チームへのBBSホイール供給は2チームとなった。

BBSがこの日産/ニスモのGT500クラス2チームに供給するのは1ピースアルミ鍛造ホイールの「RI-A」で、同一のデザインで市販されている「RI-A」のレーシングホイール版。

2017年2月19日に神奈川県横浜市の日産グローバル本社ギャラリーで行われた「日産/ニスモ 2017年モータースポーツ活動発表会」では、レギュレーション変更に伴い新規に開発された4台のNISSAN GT-R NISMO GT500のうち、BBS 1ピースアルミ鍛造ホイール「RI-A」が装着された「MOTUL AUTECH GT-R」がステージ上に展示された。

今年はスーパーGTのレギュレーション変更が行われたことにより、マシンのパフォーマンスは勿論のこと、タイヤのパフォーマンスも重要になっている。BBSジャパンでは、そのパフォーマンスを最大限引き出すのがホイールであり、タイヤ同様重要なファクターになっていると云う。

2チーム供給となった2017年度のシーズン開幕に向けて、BBSジャパン 代表取締役社長の野坂訓正氏は、「日本のモータースポーツで最大の人気を誇るスーパーGTのGT500カテゴリーには、昨年はチーム『MOLA』に弊社レーシングホイールを供給しておりました。

そして今年は新たに日産/ニスモのチーム「NISMO」にも供給することになりました。

スーパーGTは今年レギュレーションが変わり、より熾烈なタイトル争いになることが容易に想像されます。その中でエースナンバー23号車の「MOTUL AUTECH GT-R」が弊社ホイールを装着して戦うことは、身が引き締まる思いです」と述べた。

さらに、「日産/ニスモ2017年モータースポーツ活動発表会の壇上に於いて日産系チーム総監督の田中利和氏が、『GT500は市販車への技術のフィードバックも責務である』とお話しされたと同様、弊社が供給するレーシングホイールも、その極限領域での機能性・信頼性を市販製品にフィードバック致してまいります。

今後も皆様のご期待を裏切らないホイールづくりのために、トップチームとともに戦って参りますので、応援よろしくお願い申し上げます」と語っている。