ビィ・フォアード、西アフリカでの中古車流通の足掛かりを掴む

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

初の公式エージェントオフィス開設で、西アフリカの新市場を開拓へ

株式会社ビィ・フォアード(本社:東京都調布市 代表取締役:山川博功)は、西アフリカ中古車市場進出の足掛かりとして、ガーナ共和国に初の公式エージェントオフィスを開設した。

同社ではガーナでさらに今月中に1店舗、来月に2店舗のオープンを控え、準備を進めていると云う。

現段階でアフリカ54ヵ国中46ヵ国と取引のあるビィ・フォアードでは、左ハンドル車が主流の西アフリカの新市場を切り開くことを目的にガーナ共和国に初オフィスを開設する。

ここ西アフリカでは右ハンドル車の輸入が規制されている国が多く、このためビィ・フォアードでは韓国やオランダなどから左ハンドルの中古車を輸出する三国間取引を導入・強化。

ロジスティクスとネットワークの工夫で日本の輸出企業が参入しきれていない西アフリカで先行者利益を狙い、新規市場開拓の足掛かりとしている。

ガーナの公式エージェントオフィスでは、ECサイトを活用。「BEFORWARD.jp」の画面を顧客に見せながら販売するビジネスモデルを展開していく構え。

スタッフはすべて現地採用で、現地の様々なニーズに迅速に応え、新規顧客を取り込む狙いとしている。これまで東アフリカ地域では、主にWEBやアプリなどを利用したデジタルマーケティングで売上げを拡大してきたが、企業ブランドがまだ浸透していない西アフリカでは、直接対面販売の利点を生かしたサービスや広告などで、知名度の向上を図っていく。

同社では今後も代理店の開拓は販売台数の拡大に効果的とみており、ビィ・フォアードでは社内に専門チームを発足させ、現在全世界に166カ所ある公式エージェント及び販売拠点を、年内に200拠点ほどまで増やす計画。なお西アフリカ地域では今後、ガーナ以外の国でも公式エージェントオフィスの開設も予定している。

さらに当地で代理店戦略を進める上で、「ビィ・フォアード・サポーターズ」を重要な位置づけとし強化していく。この「ビィ・フォアード・サポーターズ」は、世界で6万人以上に上る個人でビィ・フォアードの中古車を販売する代理業者で、ここで成果を上げた個人が公式エージェントとなるケースもあるため、販売力向上の武器になる可能性が見えていると云う。