BMW、新型X5発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビー・エム・ダブリュー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル)は2月27日、同社の「スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)」の第4世代となる新型BMW X5(エックス・ファイブ)を全国のBMW正規ディーラーから販売した。

新型BMW X5は、1999年に登場した初代モデルのコンセプトを継承し、BMWらしい走行性へのこだわりと、高い実用性を兼ね備えたモデルである。

先代モデルからホイール・ベースが40mm、全長が25mm、全幅が65mm、全高が10mmそれぞれ大きくなり、ゆとりある室内スペースを実現しながら、低重心を強調する存在感あるシルエットをまとっている。

フロントは、一体型フレームで縁取られたデザインの大型キドニー・グリルを装備することで、アグレッシブな印象を演出し、サイド・ボディには、後部ドアから上方に伸び上がるようにプレス・ラインを刻むことで、リヤ・ホイールを強調し、後輪駆動のDNAと高い走行性能へのこだわりを象徴している。

また、先代モデルに比べて、車両前方の骨格に高張力鋼板をより多く使用し、強度を高めながら約15.5kgの軽量化を実現している。

足回りには、スチール製のサスペンションを採用し、M Sportモデルには、Xモデルとして初めて4輪アダプティブ・エア・サスペンションを導入。4輪アダプティブ・エア・サスペンションを装備することで、各ホイールに設置されたセンサーが、常に路面状況および荷重を検知し、必要に応じて上下40mmの間でホイール毎の高さ調整を自動で行うため、安定感のある快適な走りを維持することが出来る他、手動で高さを調整することも可能で、重量物を乗せる際や、路面状況が悪い時など、ドライバーの好みや状況に応じて設定することが可能となっている。

メーカー希望小売価格(消費税込み)
BMW X5 xDrive35d Standard:¥ 9,200,000-
BMW X5 xDrive35d M Sport:¥ 9,990,000-

また新型BMW X5は、Xモデルのダイナミックさとパワフルさを引き立たせる、3リッター直列6気筒ディーゼル・エンジンを搭載した新型BMW X5 xDrive35dを導入する。このエンジンは、最高出力265PS(195kW)/4,000rpm、最大トルク620Nm/2,000-2,500rpmを発揮し、0-100km/h加速は6.5秒を達成している。

主な車両諸元
BMW X5 xDrive35d
全長4,935mm、全幅2,005mm、全高1,770mm、ホイール・ベース2,975mm、車両重量2,190kg、車両総重量2,465kg、排気量2,992cc、直列6気筒ディーゼル・エンジン、最高出力265PS(195kW)/4,000rpm、最大トルク620Nm/2,000-2,500rpm、燃料消費率11.7km/L(WLTC)。