ボッシュ、自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2016」出展


bosch-networking-is-the-key-to-automatic-operation-success20150522-2-min

ボッシュ株式会社(本社:東京都渋谷区渋谷3-6-7、代表取締役社長:ウド・ヴォルツ、以下ボッシュ)は、5月25日(水)から27日(金) の3日間、パシフィコ横浜にて開催予定の「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2016」に出展する。

bosch-technology-exhibition-2016-of-people-and-vehicles-automotive-technology-exhibition-exhibitors20160523-1

会場では、自動車、部品、材料メーカーやテスティング、CAEソリューション、カーエレクトロニクス関連企業など、最新製品と技術が一堂に展示される。

bosch-and-aim-the-battery-twice-the-performance-in-five-years20150426-9-min

ブースのみどころ
ドライバーの利便性を向上するディスプレイシステム、安全で快適な自動運転の実現に不可欠な運転支援システム、燃費向上や環境保護に役立つディーゼル、ガソリンおよびハイブリッドエンジン向けシステムや、電気自動車の航続距離延長に貢献するサーマルマネジメントシステム、二輪車向けテクノロジーなど、自動車の進化に必要な「ネットワーク化」「自動化」「電動化」の3つのキーワードをテーマに、ボッシュの幅広い製品群を展示していく。

bosch-technology-exhibition-2016-of-people-and-vehicles-automotive-technology-exhibition-exhibitors20160523-2

ボッシュ・ブース(出展小間番号:275)では、将来の自動車の進化に必要な「ネットワーク化」「自動化」「電動化」の3つのキーワードをテーマに、ボッシュの幅広い製品群を展示する。なお、ボッシュ・グループ会社であるイータス株式会社も出展している(出展小間番号:63)。

なお現地の様子は公式ツイッター< https://.com/boschjapan >からも伝えていく予定。同ブースでご紹介する製品や技術については、以下のサイトも紹介していく。
< >

主な出展内容
モビリティのネットワーク化
– フリーリー プログラマブル クラスター
– セントラル ゲートウェイ
モビリティの自動化
– 自動運転のためのミニ モビリティ ステーション
– 駐車支援システムのためのコンポーネント
– 統合安全システム
– 電動パワーステアリング
パワートレインとモビリティの電動化
– サーマルマネジメントシステム
– アクティブアクセルペダル
– 高電圧電動化製品ポートフォリオ
– 48V ハイブリッド パワートレイン ソリューション
– ガソリン直噴: 将来のパーティクルエミッション要求に対するソリューション
– トランスミッションシステムにおけるCO₂削減と燃費向上
– コモンレールシステム
– 排気ガス後処理システム
– クロスドメイン ビークル コントロールユニット
– 仮想エンジン
二輪車向けテクノロジー
– 二輪車向けの包括的なシステムソリューション

人とくるまのテクノロジー展2016公式サイト:
<  >