ブリヂストン、FIM世界耐久選手権シリーズにタイヤサプライヤーとして参戦


「F.C.C. TSR Honda」と「YART Yamaha Official EWC Team」のトップ2チームにレーシングタイヤ「RACING BATTLAX」を供給

株式会社ブリヂストンは02月08日、2輪レースのFIM世界耐久選手権シリーズ(以下、EWC)に参戦する2チームに対して、タイヤを供給する。

供給するチームは、「F.C.C. TSR Honda」と「YART Yamaha Official EWC Team」の2チームとなる。

耐久レースでは、ライダーやスタッフ、マシンの優劣だけに留まらず、長時間の走行によりタイヤ性能の維持並びに、性能低下の掴み易さなど、タイヤが持つ性能やライダーに与える走行フィーリングが勝敗を分ける重要な要素となっている。

そうしたなか、ブリヂストンは全日本ロードレース選手権のJSB1000や、鈴鹿8時間耐久レースなどで培った技術を活かし、同社が開発を続けているRACING BATTLAXを供給することで、両チームを足元から支えていくと述べている。

なお2016/2017年度のEWCは、フランスで2レースと、ドイツ、スロバキア、日本で各1レースの都合・年間全5レースで競われる。

レースは、8時間から24時間の耐久レースで、ライダーは最大3人で交代しながら最も長い距離を走ったチームが優勝となり、各レースでポイントが付与され、全5レースでの総合ポイントによってシリーズ優勝が決する。

また、今年度からはシリーズが2016年9月開幕となり、2017年7月に日本の鈴鹿サーキットで行われる鈴鹿8時間耐久レースが最終戦になる予定だ。

このため、シリーズ最終戦となる鈴鹿8時間耐久レースの注目度がさらに高まり、日本国内に於ける世界戦最終戦のプロモーション効果が大きく高まるものと見られている。

※FIMとは、国際モーターサイクリズム連盟(Federation Internationale de Motocyclisme)の略称である。

※ブリヂストンは、F.C.C. TSR Hondaに第1戦よりタイヤを供給しており、またYART Yamaha Official EWC Teamには第2戦よりタイヤを供給していく予定となっている。

1.大会正式名称 FIM世界耐久選手権シリーズ
略称EWC(Endurance World Championship)
Webサイト: 

2.レース日程
日程_開催地_レース時間
第1戦:2016年9月16-18日_フランス/ポールリカール_24時間
第2戦:2017年4月15-16日_フランス/ルマン_24時間
第3戦:2017年5月19-20日_ドイツ/オシャスレーベン_8時間
第4戦:2017年6月23-24日_スロバキア/スロバキアリンク_8時間
第5戦:2017年7月28-30日_日本/鈴鹿_8時間

3.タイヤ供給チーム
チーム_国_マシンメーカー_ライダー
F.C.C. TSR Honda_日本_ホンダ
_Damian Cudlin
_Alan Techer
_Gregg Black

YART Yamaha Official EWC Team_オーストリア_ヤマハ
_Max Neukirchner
_Broc Parkes
_野左根 航太
_Marvin Fritz
※鈴鹿8時間耐久に参戦するライダーに関しては、両チーム共に現在未定。

4.チーム代表のコメント
(1)F.C.C. TSR Honda 藤井総監督
EWC、それは人生と言うマラソンレースです。昼夜問わず極寒、猛暑の中を24時間、300km/hのスピードで走り続ける。

その足元を支えているタイヤが最も大切な事は言うまでありません。この厳しい条件下でTSRはブリヂストンと共に世界一を目指します!どんな事が有っても絶対にあきらめない!

最後まで走りぬく、不屈の闘志を持って挑戦してきます!

(2)YART Yamaha Official EWC Team Mr.Mandy Kainz (代表)
私たちは世界一のタイヤメーカーであるブリヂストンのサポートチームの一員となることを大変嬉しく思います。

私たちは2014年に鈴鹿8耐でブリヂストンタイヤを装着してレースを共に戦い、その時からチーム、スタッフ、ライダー、特にBroc ParkesはMotoGPでブリヂストンと共にレースを戦っていたこともあり、皆がブリヂストンとパートナーになり、MotoGPテクノロジーやこれまで培ってきた技術力を味方につけたいと望んできました。

この度、ヤマハの協力をもらいながら、その夢を実現できました。ヤマハのファクトリーライダーで若く才能のある野左根 航太、ドイツ選手権SBチャンピオンのMarvin Fritz、GPライダーとしても経験豊富なBroc Parkesというメンバーで、トップを狙って行きます。

ブリヂストンとの素晴らしい関係が長く続き、成功する事を楽しみにしています。

5.ブリヂストン担当役員のコメント
鈴木通弘氏(執行役員 ブランド戦略担当)
EWCは現在、2輪ロードレースの世界選手権の中で、複数のメーカーがタイヤを供給する唯一のレースです。

そのような競争の激しいレースの中、F.C.C. TSR Honda と YART Yamaha Official EWC Teamがブリヂストンタイヤを選んでくれたことに感謝の意を表するとともに、素晴らしい2チームの走りに貢献すべく、努力していく所存です。

この優秀な2チームがシリーズランキングで上位の成績を収めてくれることを期待しています。

また、当社としても力をいれている鈴鹿8時間耐久レースが、今年度はFIM世界耐久選手権シリーズの最終戦となり、同時に40周年という大事な節目のレースになることもあり、鈴鹿8時間耐久レースにおける当社サポートチームの12連覇を達成するためにも、全力でサポートして参ります。

当社は、国内外のレースを足元から支え、幅広いモータースポーツ活動を通じて、自動車産業及びモータースポーツ文化のさらなる発展に貢献してまいります。

ブリヂストンモータースポーツ関連サイト: 

ブリヂストン鈴鹿8耐コンテンツページ: 

FIM EWC(YouTube):