ブリヂストン、オリンピック公式パートナーとしての活動をグローバル規模へ拡大


株式会社ブリヂストン(本社:東京都中央区京橋、代表取締役CEO 兼 取締役会長:津谷正明、以降、ブリヂストン)は、年が改まった2017年1月より、オリンピック公式パートナーとしての活動をグローバル規模に拡大させる。

ブリヂストンは、2016年末までブラジル・米国・韓国・日本の4か国限定で活動を行い、リオ2016オリンピック競技大会でのブランディング活動を介して該当4か国に於けるブランド価値の向上を実現した。

この結果を踏まえ、同社は今年より、その活動をグローバルに規模に広げ、「ピョンチャン2018冬季オリンピック競技大会」、「東京2020オリンピック競技大会」、「北京2022冬季オリンピック競技大会」、そして2024年に開催される「オリンピック競技大会」まで継続していく。

この基本方針について、ブリヂストン代表執行役CEOの津谷正明氏は、「私たちは、2016年のオリンピック大会での成功を誇りに思っています。

オリンピックというプラットフォームは、世界中の多くの市場でブランド価値の向上と、世界中の従業員との結びつきを深めることができますが、私たちはこのユニバーサルなプラットフォームを今、活用しはじめたばかりです。

そして、日本発祥のグローバル企業として、これから迎えるアジアで開催される3つのオリンピックには、大きなチャンスがあると考えています。

まずは、ピョンチャン2018大会を機に、世界中のウィンタースポーツファンの皆様にブリヂストンのことを知っていただき、その後もオリンピック公式パートナーとして新しい方法を模索しながら、大会とアスリートのサポートを行っていくことを楽しみにしています」と語っている。

また、これを受けてIOC会長のトーマス・バッハ氏は、「ワールドワイドオリンピックパートナーとして、ブリヂストンはすでにオリンピックムーブメントとオリンピックの価値の拡大に大いに貢献しています。

グローバルレベルで、ブリヂストンとパートナーシップを組み、2024年まで世界中で、オリンピックの精神をアスリート、ファンの皆様、地域のコミュニティに広げていくことを楽しみにしています」とコメントした。

ブリヂストンは、オリンピック公式パートナーに加えて、東京2020パラリンピック競技大会のゴールドパートナーおよびパラリンピック日本選手団のサポートも行っていく。

またブリヂストン・アメリカス・インクは、2024年までパラリンピック米国選手団のパートナーであるが、さらに日本のブリヂストンは、2016年8月に最初の創設メンバーとして、オリンピックチャンネルと4年間のパートナー契約を締結した。

このオリンピックチャンネルは、オリンピックムーブメントと世界最高峰のアスリートを、年間を通じ毎日伝えていく革新的なデジタルプラットフォームである。

ブリヂストンでは、「様々な困難を乗り越えながら夢に向かって挑戦し続けるすべての人の挑戦・旅(Journey)を支えていくという当社の思いを表現した『CHASE YOUR DREAM』をテーマに、事業活動を通じて『地域社会への貢献』、『社会的責任の実践』、『多様性の尊重』を実現していくことでオリンピックをサポートしていきます」と述べている。

ブリヂストンChase Your Dream: