ブリヂストン、独大手タイヤ小売チェーンとジョイントベンチャー事業開始へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

bridgestone-and-waseda-university-the-start-of-the-recruitment-w-bridge-research-contractors20160408-2

同社欧州グループ会社が、ドイツのプノイハーゲ・マネジメント社とジョイントベンチャー事業開始で合意

株式会社ブリヂストンの欧州事業統括会社ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエー傘下のブリヂストン・ドイツ(以下、BSDL)は6月30日(欧州現地時間)、当地国内で自動車関連の小売ビジネスを手掛けるPneuhage Management GmbH & Co. KG(プノイハーゲ・マネジメント社、以下PNH)と協業し、ジョイントベンチャー事業を開始する。

bridgestone-frances-leading-to-car-maintenance-industry-chain-speedys-acquisition20160531-2

このブリヂストンの新たな協業先となるプノイハーゲ・マネジメント社こと「PNH」は、ドイツ国内で自動車タイヤ含む自動車部品の販売、およびその他自動車関連サービスを手掛ける事業社である。

今回はブリヂストン・ドイツこと「BSDL」と「PNH」がジョイントベンチャー事業を開始する方向で合意したもの。

そのジョイントベンチャー事業の内容は、「BSDL」が「PNH」傘下のPneuhage Partners Group GmbH & Co. KG(プノイハーゲ・パートナーズ・グループ社、以下PPG)へ出資し、SDLのドイツ小売事業を統合することで、ドイツ国内に於ける交換用タイヤ小売事業の強化を図る。

bridgestone-germany-major-tire-retail-chain-and-to-the-joint-venture-business-start20160702-1

「BSDL」が出資した後の「PPG」への出資比率は、「BSDL」が25%、「PNH」が75%となる見込み。

なお、今回の出資には、欧州委員会の認可取得が条件の一つとなっている。ブリヂストンは欧州事業に於いて、小売網の強化を基本戦略の一つとして掲げており、今回の出資は、その成長戦略に沿った活動だと云う。

【ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエー(Bridgestone Europe NV/SA)概要】
1.所在地:ベルギー王国 ブリュッセル
2.取締役会長 兼CEO プレジデント:Eduardo Minardi (エデュアルド・ミナルディ)
3.資本金:724,668千ユーロ
4.資本比率:株式会社ブリヂストン 100%
5.事業内容:欧州・中近東・アフリカ事業の統括及び自動車タイヤの販売

【プノイハーゲ・マネジメント社(Pneuhage Management GmbH & Co.KG)概要】
1.所在地:ドイツ連邦共和国 カールスルーエ
2.CEO:Peter Schütterle (ペーター・シュトレル)
3.売上高:416百万ユーロ(2015年度)
4.事業内容:自動車タイヤ含む自動車部品の販売、その他自動車関連サービス