ブリヂストングループ、Volkswagen Group Award 2017を受賞

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ブリヂストン(本社:東京都中央区京橋、代表取締役CEO 兼 取締役会長:津谷正明、以降、ブリヂストン)及びブリヂストングループは、Volkswagen AG(以下、VW社)より、同社が世界中の優秀なサプライヤーを表彰するVolkswagen Group Award 2017を受賞した。

(写真左から)Matthias Müller氏(VW社CEO)、Paolo Ferrari(BSEMEA CEO兼プレジデント)、Francisco Javier Garcia Sanz 氏(VW社調達担当取締役)

これはイノベーション&テクノロジーの分野でのVW社への貢献が評価されたもので、タイヤのサプライヤーとしては唯一の受賞となった。

2017年6月28日にドイツ連邦共和国・ベルリンで開催された公式セレモニーでは、同社欧州グループ会社であるブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエー(以下、BSEMEA)のCEO兼プレジデントのPaolo Ferrari氏が当社グループを代表して表彰を受けた。

VW社CEOのMatthias Müller氏は、自動運転やデジタル化等は一時的な流行ではないことを強調した上で、「我々の産業にとっての来るべき未来に向けて、VW社と共に歩みを進めるサプライヤーに感謝の意を表します」と述べた。

また受賞にあたり、Paolo Ferrari氏は「ブリヂストングループとして、イノベーション&テクノロジーのカテゴリーで受賞したことを大変光栄に思います。

イノベーションは即ち変革であり、変革には多大な技術革新が求められますが、業界のリーディングカンパニーとして当社グループはそれを好機と捉え、VW社と共に変革の最前線に立ち続けます」と語った。

同社グループは、VW社が2015年に開始した“Future Automotive Supply Tracks”(以下、FAST)のタイヤのサプライヤーとして唯一のメンバーとなっている。

このFASTは、VW社より選定された55社のサプライヤーが、VW社と共により効率的かつスピーディにイノベーションを進めていくための仕組みとなっている。