BS、初代ロードスターの新車装着タイヤ「SF325」を復刻しレストア向けに再発売

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ブリヂストン(本社:東京都中央区京橋、代表取締役CEO 兼 取締役会長:津谷正明、以降、ブリヂストン)は、マツダ株式会社の初代ロードスター(NA型)のレストア向けタイヤ「SF325」を2018年1月から日本国内で発売する。

「SF325」は、マツダ株式会社から1989年に発売された初代ロードスターに新車装着されたタイヤ。

2003年に生産終了していたが、今回、マツダ株式会社の初代ロードスターのレストアサービス向けおよび市販用に復刻した。

初代ロードスターは、1989年の発売以来、今もなお多くのファンに愛され続けているクルマであり、同社はマツダ株式会社の「ブランド・アイコンであるロードスターを、いつまでも乗り続けてほしい」、「古いクルマを愛でるようなクルマ文化を育みたい」という想いに共感し、同車に新車装着されていたタイヤ「SF325」をレストア向けに復刻した。

なお往年のロードスターファンの期待に応えるため、外観を再現しただけでなく、乗り味にもこだわったタイヤとなっている。

<新発売のタイヤ概要>
商品名 : SF325
タイヤサイズ : 185/60R14 82H
メーカー希望小売価格(税込): 未定