ブガッティ、スーパーカー「シロン」の2017年出荷目標台数70台を達成

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブガッティ オートモビルズS.A.S.(本社:仏アルザス・モルスアイム、CEO:ステファン・ヴィンケルマン)は、2017年に市販のスーパースポーツカー「シロン」を70台生産、これらの全世界の顧客への出荷を完了。結果、2017年における年間目標を達成した。

ブガッティ オートモビルズS.A.S.社長のウォルフガング・デュルハイマー氏(2017年当時。2018年1月1日付けでステファン・ヴィンケルマン氏にCEO職交替)は、「シロンの生産を開始してから1年の間に目標としていた70台の出荷を達成できたことは、ブガッティチーム全体にとって素晴らしい結果です。

この場を借りて、私たちの全てのパートナーの日頃のご尽力に心から感謝したいと思います。

お客様をお待たせする時間を可能な限り短くするよう努力してきた我々にとって、この結果は非常に重要な意味があります」と述べた。

なお2017年12月発表時のシロンは、生産台数限定500台のうち300台以上の販売が完了しており、うち43%を欧州、26%を北米 (米国およびカナダ)、23%を中東、残る8%をアジア太平洋地域より受注した。

シロンの生産は、ブランドが本拠地を置くフランスのアルザス地方モルスハイムにて2016年秋より開始し、今年3月に一台目の車輌がお客様に納車された。

※ 車両燃費L/100km: 市街地35.2 / 郊外15.2 / 複合走行22.5; CO2排出(複合) g/km: 516, EUエネルギー効率ラベル: 等級G