首都高速道路、「首都高環境フェア2017 in みなとみらい」を2月4日・5日の横浜で開催


首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮田 年耕)は、2017年2月4日(土)、5日(日)に、クイーンズスクエア横浜にて「首都高環境フェア2017 in みなとみらい」を開催する。

車が一定の速度でスムーズに走行できると、CO2やNOXの排出量が削減するなど、都市の環境負荷軽減につながる。これを踏まえ同社では、2017年3月に開通する横浜北線などのネットワーク整備。

さらに車線拡幅等による渋滞の緩和に努める他、生物多様性の保全活動や廃材リサイクルにも積極的に取組むなど「環境にやさしい道路」を目指してきた。

そこで「首都高環境フェア2017 in みなとみらい」では、首都高“環境”クイズラリー、リサイクルプロジェクト「サーキュレーション首都高」の展示、ステージイベント等を通じて、こうした首都高の環境への取り組みを紹介していく。

また、“首都高”“環境”というテーマで募集していた「首都高川柳」の優秀作品の展示と併せて、来場者による一般投票を行い、優秀作品の中から最優秀作品1作品を決定する。

なお、2016年12月19日に神奈川県と締結した包括的連携協定に基づき、県が推進する環境施策のPRブースも出展される予定だ。

首都高環境フェア2017 in みなとみらい概要
期日:2017年2月4日(土)、5日(日) ともに11:00~18:00
会場:クイーンズスクエア横浜 クイーンズサークル
入場料:無料
内容:
・首都高“環境”クイズラリー
・「サーキュレーション首都高」展示
・ステージイベント(ビンゴ大会、地域団体によるパフォーマンス)
・横浜北線 模型展示
・「首都高川柳」一般投票 ほか

首都高環境サイト「shuto-E-co」: