カーセンサー、自動車のWebカタログページにVR技術を導入して“バーチャルショールーム”開設へ


新車販売中の人気車をメーカー横断で比較検討が可能に

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作する中古車情報メディア『カーセンサー』では、VRの技術を活用し、車を内装・外装共に360°見られる機能と、各車種・グレードのスペックを比較できる機能を追加した。

リクルート自動車総研の中古車購入実態調査2015によると、クルマの購入を思い立った段階で調べたことは「価格(55.5)」「車体の大きさ(46.9)」「室内の広さ、乗車可能人数、荷物スペースの広さ(46.3)」「見た目、外装( 37.2 )」と車の外見・内見に関する項目に関心が高いことが判っていると云う。

また「メーカーごとにWebサイトの作りが違うので情報を探しにくい」、「自分でエクセルを使って表を作り車種・グレードごとの違いを比較しないと違いがわからない」「同じ車種でもグレードごとに何が違うのかわかりづらい」というカスタマーの声が多く、メーカーを越えて車種を比較検討したい声が多く聞かれた。

そこで同社は、こうしたカスタマーのニーズを受けて、簡単に比較検討ができる機能、いつでも気になる車種をバーチャル上で試乗することができる360°view機能の搭載に至った。

新機能概要
(1) VR技術を活用した車の360°view機能
車の外装・内装を360°閲覧する事ができる機能。SPサイトの内装Viewは、スマートフォン装着型のVRゴーグルに対応しており、ショールームで実物に乗ったような疑似体験が可能。

話題のC-HRをはじめ、新車発売中のSUV・ミニバンを中心に約30車種に対応しており、今後、順次車種を追加していく予定。

(2)メーカーを超えた車種・グレード比較検討機能
カーセンサーでは、最新モデルから往年の名車まで約2500車種のカタログデータを保有しており、日本最大級の車データベースとして多くのカスタマーに利用されていると云う。

そこで車カタログに、ユーザーが検討している車種・グレードの性能を詳細に比較できる機能を新たに公開した。

これによりメーカーを横断した各車種・グレードの違いを比較可能にしており、ユーザーの効率的な車検討を可能にしている。
※グレード比較機能は2017/2/21にリリース予定

PC・SPサイトのカーセンサー車カタログ< >にアクセスし、対応車種のページを閲覧することで利用可能。

【カーセンサー】
・ 1984年に創刊し、掲載台数40万台を超える、日本最大級の中古車掲載台数。(2017/1/11現在)
・第三者機関の認定と保証があるから、安心して購入が可能。
※カーセンサー認定(検査専門機関AISの査定・評価を受けた物件)とカーセンサーアフター保証
・中古車情報サイト・オリコン顧客満足度1位を獲得!
2016年オリコン日本顧客満足度調査で中古車情報サイト第1位を獲得した。