「業界WATCH」カテゴリーアーカイブ

日産の平成27年11月2日付けリコール(届出番号3674、計309,840台)詳細

平成27年11月2日に届出のあった日産自動車のタカタ製エアバッグに関するリコール(届出番号:3674)について、同社は、対象車両を精査中とされていたが11月11日の同日、この日産自動車株式会社から、国土交通省に対し、以下のとおりリコール届出内容の報告があった。

nissan-of-november-2-2015-with-recall-notification-number-3674-a-total-of-309840-units-details20151111-1

リコール届出番号:3674 続きを読む 日産の平成27年11月2日付けリコール(届出番号3674、計309,840台)詳細

ヤマハ発動機、グループのデザイン司令塔となる研究・開発拠点を建設

yamaha-founded-the-motorcycle-development-company-in-Indonesia20150403-1

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:柳弘之、以下、ヤマハ発動機)は、グループにおけるデザイン司令塔として、当社製品デザインの開発と新たなイノベーションを生み出す先行デザイン研究の拠点となる新デザイン棟を、静岡県磐田市の本社敷地内に建設する。

yamaha-motor-to-build-a-research-and-development-center-which-is-a-design-playmaker-group20151111-1
2016年12月竣工予定の新デザイン棟完成イメージ

新デザイン棟は、鉄骨造り地上 5 階建てで、事務所スペースに加え、技術者とデザイナーが一緒にモデル創作を行う広々としたクレイ室や、バーチャルデザインによる効率的なイノベーション創出を可能とするデジタルデザイン開発設備など、最新のデザイン環境を備えている。着工は2016年1月、同年12月の竣工を予定している。

続きを読む ヤマハ発動機、グループのデザイン司令塔となる研究・開発拠点を建設

ホンダとLIXIL開発のコージェネレーションユニット住宅が来春、初の商品化

ホンダ&LIXIL住宅研究所の<次世代レジリエンスホーム「家+X」Powered by Honda>を公開

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は、株式会社LIXIL住宅研究所(本社:東京都江東区 社長:今 城幸 以下、LIXIL住宅研究所)と合同で、コンセプトホーム<次世代レジリエンスホーム※1「家+X(いえプラスエックス)」Powered by Honda>(所在地:東京都葛飾区)を公開した。

cogeneration-unit-housing-of-honda-and-lixil-development-next-spring-first-commercialized20151111-2
V2H対応DC普通充電器「Honda Power Manager」

このコンセプトホームは、平常時はもちろん、災害時にも快適な新しい暮らしの実現を目指している。

cogeneration-unit-housing-of-honda-and-lixil-development-next-spring-first-commercialized20151111-3
インテリアに合わせてラッピングを施したV2H対応DC普通充電器「Honda Power Manager」

LIXIL住宅研究所による“住まいの消費エネルギーゼロ”の住宅をベースに、家とつながりエネルギーを運べる電気自動車などのモビリティ、そしてこれらを効率的に運用するエネルギーマネジメントシステムなど、家と自動車とエネルギーの融合による新しい暮らしを提案する。 続きを読む ホンダとLIXIL開発のコージェネレーションユニット住宅が来春、初の商品化

「オートバックスエクスプレス真庭店(岡山県真庭市)」新規オープン

autobacs-in-the-hands-of-regular-import-car-dealer20150401-4

既存のオートバックスにガソリンスタンドを隣接させ、お客様の利便性を向上

株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区豊洲、代表取締役社長執行役員:湧田節夫、以下、オートバックス)と加盟店契約を結んでいる株式会社 G-7・オート・サービス(代表取締役:金田 達三)は、2015年11月13日(金)に「オートバックスエクスプレス真庭店」を新規オープンする。 続きを読む 「オートバックスエクスプレス真庭店(岡山県真庭市)」新規オープン

マツダ、タイで新型「CX-3」の生産開始記念式典を実施

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道、以下、マツダ)は、タイの車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)Co., Ltd.」(以下、AAT)において、新型「マツダCX-3」の生産開始を祝う式典を実施した。

new-car-mounted-on-the-yokohama-tires-for-north-america-model-of-the-new-mazda-cx-320150828-6
新型「CX-3」

生産開始記念式典には、マツダの菖蒲田 清孝(しょうぶだ きよたか)常務執行役員や藤川 和久(ふじかわ かずひさ)常務執行役員に加え、AATの役員や従業員など、約300名が出席し、新型「CX-3」の生産開始を盛大に祝った。

新型「CX-3」の生産拠点は、昨年12月に生産を開始した日本の本社工場(広島市南区)に続いて、AATが2拠点目で、海外の生産拠点では初となる。

続きを読む マツダ、タイで新型「CX-3」の生産開始記念式典を実施

マツダ、タイの新パワートレイン工場でエンジンの量産開始記念式典を実施

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道、以下、マツダ)は、タイのパワートレイン生産拠点「Mazda Powertrain Manufacturing (Thailand) Co., Ltd.」(以下、MPMT)において、本日、エンジンの量産開始を祝う式典を実施した。

mazda-and-carried-out-the-opening-ceremony-at-the-new-powertrain-plant-in-thailand20150817-1
MPMT外観

新量産開始記念式典には、MPMTの川上 英範(かわかみ ひでのり)社長兼CEOはじめとする従業員や、マツダの菖蒲田 清孝(しょうぶだ きよたか)常務執行役員、藤川 和久(ふじかわ かずひさ)常務執行役員など、約400名が出席し、タイにおけるエンジンの量産開始を盛大に祝った。

続きを読む マツダ、タイの新パワートレイン工場でエンジンの量産開始記念式典を実施

豊田通商傘下の福助、連結子会社を吸収合併

豊田通商株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:加留部 淳、以下、豊田通商)の100%出資連結子会社である福助株式会社(以下、福助)は、2015年12月1日付にて、福助の連結子会社であるKBフクスケ株式会社(以下、KBフクスケ)およびユニチカバークシャー株式会社(以下、ユニチカバークシャー)を吸収合併する。 続きを読む 豊田通商傘下の福助、連結子会社を吸収合併

ガリバー、中古車売買で郵便局物販サービスと業務提携

株式会社ガリバーインターナショナル(東京都千代田区、代表取締役会長 羽鳥 兼市/以下「ガリバー」)は、日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 髙橋 亨/以下「日本郵便」)の子会社である株式会社郵便局物販サービス(東京都江東区、代表取締役社長 松村 茂/以下「TS」)と、中古車売買において業務提携を行う。

続きを読む ガリバー、中古車売買で郵便局物販サービスと業務提携

東洋ゴム工業、第3四半期累計で約395億円を特別損失として計上

東洋ゴム工業株式会社(本社:大阪府大阪市西区江戸堀、代表取締役社長:山本卓司、以下、東洋ゴム)は、平成27年12月期第3四半期決算(平成27年1月1日~平成27年9月30日)に於いて、先の免震ゴム問題に関わる特別損失の発生を発表し、平成27年8月10日に公表した平成27年12月期(平成27年1月1日~平成27年12月31日)の通期連結業績予想を修正した。

修正内容は下記の通り。 続きを読む 東洋ゴム工業、第3四半期累計で約395億円を特別損失として計上

昭和シェル石油、京浜バイオマス発電所の営業運転開始

-from-royal-dutch-shell20150802-2

昭和シェル石油株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 グループCEO:亀岡 剛、以下、昭和シェル)は、神奈川県川崎市川崎区扇町に木質バイオマス専焼の発電所としては国内最大級となるバイオマス発電所の営業運転を開始した。

showa-shell-sekiyu-of-keihin-biomass-power-plant-commercial-operation-start20151110-1
京浜バイオマス発電所全景

運営自体は同社100%子会社の株式会社京浜バイオマスパワーが実施している。この発電所は、2011年に操業を停止した製油所の跡地に建設したものであり、社会から求められる再生可能エネルギーの導入拡大に寄与すると共に、当社の総合エネルギー企業としての成長の一翼を担う。

続きを読む 昭和シェル石油、京浜バイオマス発電所の営業運転開始

パイオニア、メキシコに同市場向け製品のための新生産拠点設立を決定

パイオニア株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役 兼 社長執行役員:小谷 進、以下、パイオニア)は、北中南米地域におけるカーエレクトロニクス製品の生産体制を強化するため、今後、自動車生産台数の増加が見込まれるメキシコに、新たな生産拠点を設立することを決定した。

続きを読む パイオニア、メキシコに同市場向け製品のための新生産拠点設立を決定

マツダのアクアテック塗装、第6回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」受賞

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道、以下、マツダ)は、第6回ものづくり日本大賞※に於いて、揮発性有機化合物とCO2を同時削減する新塗装技術「アクアテック塗装」で内閣総理大臣賞(「製造・生産プロセス」部門)を受賞した。

aqua-tech-coating-of-mazda-6th-manufacturing-japan-grand-prix-prime-minister-award20151109-1

続きを読む マツダのアクアテック塗装、第6回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」受賞

ホンダ、アジア大洋州地域初の四輪テストコースをタイに建設

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)の研究開発子会社である株式会社本田技術研究所・タイ現地法人Honda R&D Asia Pacific Co., Ltd.(本社:バンコク、社長:安田浩志、以下、HRAP)は現地時間2015年11月9日11時00分(日本時間:13時00分)に、アジア大洋州地域における商品開発活動の強化を目的として、新たに四輪テストコースの建設を決定し、同日地鎮祭を行った。

地鎮祭には、副首相であるソムキット・チャトゥシピタック氏をはじめとするタイ政府の方々や、在タイ日本大使館大使である佐渡島志郎氏をお招きし、ホンダからは代表取締役会長の池史彦、アジア・大洋州地域本部長の安部典明らが出席した。

続きを読む ホンダ、アジア大洋州地域初の四輪テストコースをタイに建設

パイオニア、本社の都内移転先を決定

パイオニア株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役 兼 社長執行役員:小谷 進、以下、パイオニア)は、先の10月、現行の神奈川県川崎市幸区本社不動産を売却し、東京都内への移転を決定。

pioneer-to-sell-and-transfer-the-head-office-real-estate20151006-1

続きを読む パイオニア、本社の都内移転先を決定

MAHLE、CNGとダウンサイジング化でCO2排出量30%以上の低減を実現

ドイツの自動車部品メーカー、マーレ社(Mahle GmbH、本社:ドイツ シュトゥットガルト、CEO:ヴォルフヘニング・シャイダー、Wolf-Henning Scheider)は、圧縮天然ガス(CNG)とダウンサイジングエンジンを組み合わせることで、内燃機関開発継続の意義を証明した。

mahle-cng-and-downsizing-achieve-a-reduction-of-more-than-30-co2-emissions20151109-2

同社によると、エンジン設計を最適化することで、CO2排出量を最大31%低減することが可能と云う。但し、この注目に値する結果も、コンポーネントがCNGモノフューエル運転の厳しい要求に耐えられなければ現実のものとはならないとも云う。

続きを読む MAHLE、CNGとダウンサイジング化でCO2排出量30%以上の低減を実現

独ZF、日本にEモビリティの研究開発拠点を設立へ

zf-announced-a-new-clutch-by-wire-system20150923-2

ジャパン・テックセンターを横浜に開設し、今後2年で70名のエンジニアを採用予定

ZF(ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン社、本社:本社:独バーデン・ヴュルテンベルク州フリードリヒスハーフェン、CEO:シュテファン・ゾンマー、以下、ZF)は、日本における事業拡張の一環として横浜にR&Dセンターを設立し、 Eモビリティを中心とした研究開発業務を行う事を発表した。

ジャパン・テックセンターは横浜市に設立される。既にセンター設置に向けて、関係各所との交渉は順調に進んでいる。

続きを読む 独ZF、日本にEモビリティの研究開発拠点を設立へ

第44回東京モーターショー2015閉幕、入場者総数は812,500人

海外ブランドを含むワールドプレミア75台が集結。自工会「自動運転ビジョン」を発表

一般社団法人日本自動車工業会(所在地:東京都港区芝大門1丁目1−30、会長:池史彦、以下、自工会)は、江東区・有明の東京ビッグサイトに於いて「第44回東京モーターショー2015」を10月29日(木)から11月8日(日)まで開催し、11月8日(日)午後6時に11日間の全会期を消化して幕を閉じた。

after-finishing-the-44th-tokyo-motor-show-2015-opening-ceremony-to-finally-open-to-the-public20151030-6

今回の同ショーは、開催テーマに「きっと、あなたのココロが走り出す。」(“Your heart will race.”)を据え、世界11ヶ国から合計160社が参加。

出展車両では、ワールドプレミア75台、ジャパンプレミア68台を含む417台が展示され、 11月6日(金)には、会場内で開催したSMART MOBILITY CITY 2015の国際シンポジウムで、池自工会会長が自工会としての「自動運転ビジョン」を世界に向けて発表した。

after-finishing-the-44th-tokyo-motor-show-2015-opening-ceremony-to-finally-open-to-the-public20151030-1

続きを読む 第44回東京モーターショー2015閉幕、入場者総数は812,500人

豊田通商、インドの特殊鋼二次加工事業に本格参入

toyota-tsusho-to-help-the-flood-victims-in-myanmar20150825-1

海外現地の自動車向け二次加工会社を関連会社化し、新体制発足

豊田通商株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:加留部 淳、以下、豊田通商)は、インド自動車市場の拡大を見越し、特殊鋼二次加工(酸洗、熱処理、伸線、引抜)事業に本格的に取り組む。

toyota-tsusho-and-full-scale-entry-to-special-steel-secondary-processing-business-in-india20151109-1
【新体制発足式】TTIPL広瀬Metal SBU長、Mirra & Mirra Shankar社長、TTC秦執行役員、鈴豊精鋼・鈴木社長

これを踏まえ、Mirra&Mirra Industries Private Limited.(以下:Mirra&Mirra社)の株式を豊田通商45%、Toyota Tsusho India Private Limited.40%、鈴豊精鋼株式会社(以下:鈴豊精鋼)15%の比率にて取得し、同社は新体制によるインド市場への本格参入を開始する。

続きを読む 豊田通商、インドの特殊鋼二次加工事業に本格参入

自販連、10月の乗用車系車名別ランキングはアクアが首位

日本自動車販売協会連合会(所在地:東京都港区芝大門、会長:櫻井誠己、略称:自販連)は11月6日、自販連調べによる2015年11月の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表した。

10月の乗用車系車名別ランキングの結果は以下の通り。 続きを読む 自販連、10月の乗用車系車名別ランキングはアクアが首位