「ニュース」カテゴリーアーカイブ

キャデラックとシボレーが贈る本場アメリカのクリスマス

gm-japan-announced-the-power-unit-of-the-super-sports-sedan-cadillac-cts-v-20150623-6-min

正規販売店で、国内で最も早い「クリスマス セレブレーションフェア」を開始

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:石井澄人、以下:GMジャパン)は、11月5日(木)から12月31日(木)まで、国内でも最も早く始まるクリスマスイベントの一つとして、「キャデラック・シボレー・クリスマス・セレブレーションフェア」を実施する。

christmas-of-authentic-american-cadillac-chevrolet-gift20151109-1

続きを読む キャデラックとシボレーが贈る本場アメリカのクリスマス

パイオニア、本社の都内移転先を決定

パイオニア株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役 兼 社長執行役員:小谷 進、以下、パイオニア)は、先の10月、現行の神奈川県川崎市幸区本社不動産を売却し、東京都内への移転を決定。

pioneer-to-sell-and-transfer-the-head-office-real-estate20151006-1

続きを読む パイオニア、本社の都内移転先を決定

MAHLE、CNGとダウンサイジング化でCO2排出量30%以上の低減を実現

ドイツの自動車部品メーカー、マーレ社(Mahle GmbH、本社:ドイツ シュトゥットガルト、CEO:ヴォルフヘニング・シャイダー、Wolf-Henning Scheider)は、圧縮天然ガス(CNG)とダウンサイジングエンジンを組み合わせることで、内燃機関開発継続の意義を証明した。

mahle-cng-and-downsizing-achieve-a-reduction-of-more-than-30-co2-emissions20151109-2

同社によると、エンジン設計を最適化することで、CO2排出量を最大31%低減することが可能と云う。但し、この注目に値する結果も、コンポーネントがCNGモノフューエル運転の厳しい要求に耐えられなければ現実のものとはならないとも云う。

続きを読む MAHLE、CNGとダウンサイジング化でCO2排出量30%以上の低減を実現

独ZF、日本にEモビリティの研究開発拠点を設立へ

zf-announced-a-new-clutch-by-wire-system20150923-2

ジャパン・テックセンターを横浜に開設し、今後2年で70名のエンジニアを採用予定

ZF(ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン社、本社:本社:独バーデン・ヴュルテンベルク州フリードリヒスハーフェン、CEO:シュテファン・ゾンマー、以下、ZF)は、日本における事業拡張の一環として横浜にR&Dセンターを設立し、 Eモビリティを中心とした研究開発業務を行う事を発表した。

ジャパン・テックセンターは横浜市に設立される。既にセンター設置に向けて、関係各所との交渉は順調に進んでいる。

続きを読む 独ZF、日本にEモビリティの研究開発拠点を設立へ

第44回東京モーターショー2015閉幕、入場者総数は812,500人

海外ブランドを含むワールドプレミア75台が集結。自工会「自動運転ビジョン」を発表

一般社団法人日本自動車工業会(所在地:東京都港区芝大門1丁目1−30、会長:池史彦、以下、自工会)は、江東区・有明の東京ビッグサイトに於いて「第44回東京モーターショー2015」を10月29日(木)から11月8日(日)まで開催し、11月8日(日)午後6時に11日間の全会期を消化して幕を閉じた。

after-finishing-the-44th-tokyo-motor-show-2015-opening-ceremony-to-finally-open-to-the-public20151030-6

今回の同ショーは、開催テーマに「きっと、あなたのココロが走り出す。」(“Your heart will race.”)を据え、世界11ヶ国から合計160社が参加。

出展車両では、ワールドプレミア75台、ジャパンプレミア68台を含む417台が展示され、 11月6日(金)には、会場内で開催したSMART MOBILITY CITY 2015の国際シンポジウムで、池自工会会長が自工会としての「自動運転ビジョン」を世界に向けて発表した。

after-finishing-the-44th-tokyo-motor-show-2015-opening-ceremony-to-finally-open-to-the-public20151030-1

続きを読む 第44回東京モーターショー2015閉幕、入場者総数は812,500人

豊田通商、インドの特殊鋼二次加工事業に本格参入

toyota-tsusho-to-help-the-flood-victims-in-myanmar20150825-1

海外現地の自動車向け二次加工会社を関連会社化し、新体制発足

豊田通商株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:加留部 淳、以下、豊田通商)は、インド自動車市場の拡大を見越し、特殊鋼二次加工(酸洗、熱処理、伸線、引抜)事業に本格的に取り組む。

toyota-tsusho-and-full-scale-entry-to-special-steel-secondary-processing-business-in-india20151109-1
【新体制発足式】TTIPL広瀬Metal SBU長、Mirra & Mirra Shankar社長、TTC秦執行役員、鈴豊精鋼・鈴木社長

これを踏まえ、Mirra&Mirra Industries Private Limited.(以下:Mirra&Mirra社)の株式を豊田通商45%、Toyota Tsusho India Private Limited.40%、鈴豊精鋼株式会社(以下:鈴豊精鋼)15%の比率にて取得し、同社は新体制によるインド市場への本格参入を開始する。

続きを読む 豊田通商、インドの特殊鋼二次加工事業に本格参入

スーパーフォーミュラ第7戦・鈴鹿最終決勝、石浦が自力で初タイトルを勝ち取る

2015年スーパーフォーミュラ最終戦となる第7戦・鈴鹿での決勝が11月8日に実施された。

最終戦はシリーズレギュラー戦とは異なる2レース制で行われ、午前のRace1は、No.2 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM’S SF14)が今季3勝目を挙げた。

super-formula-seventh-round-suzuka-last-final-win-the-first-title-by-itself-is-ishiura20151108-8

Race2は、ポールポジションからHondaエンジンを積むNo.16 山本尚貴(TEAM 無限 SF14)が独走初優勝。シリーズドライバーのタイトルは、No.38 石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING SF14)が予選7位から4位に順位を上げ、自力で2015年のドライバーズチャンピオンを獲得した。

super-formula-seventh-round-suzuka-last-final-win-the-first-title-by-itself-is-ishiura20151108-10

続きを読む スーパーフォーミュラ第7戦・鈴鹿最終決勝、石浦が自力で初タイトルを勝ち取る

自販連、10月の乗用車系車名別ランキングはアクアが首位

日本自動車販売協会連合会(所在地:東京都港区芝大門、会長:櫻井誠己、略称:自販連)は11月6日、自販連調べによる2015年11月の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表した。

10月の乗用車系車名別ランキングの結果は以下の通り。 続きを読む 自販連、10月の乗用車系車名別ランキングはアクアが首位

全軽自協、2015年10月の軽自動車通称名別ランキング、N-BOXが依然首位独走

全国軽自動車協会連合会(所在地:東京都港区芝大門、会長:松村一、略称:全軽自協、以下、全軽自協)は11月6日、全軽自協調べによる2015年10月の軽自動車通称名別新車販売速報(乗用車ベスト15)を発表した。

2015年10月 軽四輪車通称名別新車販売速報(乗用車ベスト15)の結果は以下の通り。 続きを読む 全軽自協、2015年10月の軽自動車通称名別ランキング、N-BOXが依然首位独走

コベルコ、米でアルミ鍛造サスペンションの増産設備増強へ

株式会社神戸製鋼所(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:川崎博也、以下、コベルコ)が、米国に於いて合弁体制で自動車サスペンション用アルミ鍛造部品(以下 アルミ鍛造サスペンション)を製造・販売をしている「コウベ・アルミナム・オートモーティブ・プロダクツ社(Kobe Aluminum Automotive Products, LLC、以下 KAAP社)」。

この度、同社の生産設備増強決定がコベルコから発表された。設備投資額は約56.6百万米ドル(約68億円)で、2017年から順次稼働開始を目指す。 続きを読む コベルコ、米でアルミ鍛造サスペンションの増産設備増強へ

ハンコック、ビブラムとのコラポレーションタイヤを披露

2009年から独のボルシア・ドルトムントとパートナーシップを結び、欧州に於ける製品浸透戦略を加速させているハンコックタイヤ(本社:韓国ソウル特別市江南区、CEO:ソ・スンファ徐承和・ソ・スンファ)は、靴底メーカーとして著名な伊・ビブラム(Vibram・本社:伊ヴァレーゼ県アルビッツァーテ、CEO:マイク・ジオンフリッド)ともコラボレーション関係を結んで、タイヤデザインに新たな試みを行い発表している。

hancock-show-off-the-kola-poration-tire-with-vibram20151108-2

このビブラムとのプロジェクトは、タイヤとシューズのフットプリントデザインを組み合わるというタイヤ業界でも、初めて試みられたもの。

具体的には、ビブラムのユニークなフットパターンをハンコックタイヤに着せ、ビブラムは、ハンコックタイヤの最先端タイヤ技術力をシューズに取り入れたデザインを披露した。

続きを読む ハンコック、ビブラムとのコラポレーションタイヤを披露

スーパーフォーミュラ第7戦・予選、最終2ヒート戦でロッテラー、山本がPP獲得

スーパーフォーミュラ最終戦となる第7戦・鈴鹿の予選セッションが11月7日に実施された。

最終戦は特例の2ヒート制となる中、予選セッションは、例の如くQ1からQ3までのノックアウト方式ではあるものの、Q1の結果でRace1のスターティンググリッドが、Q3までの総合結果でRace2のグリッドが決められるという変則スタイルとなった。

結果は、ロッテラーと山本がそれぞれのレース1並びに2の各スターティンググリッドでポールポジションを獲得。 続きを読む スーパーフォーミュラ第7戦・予選、最終2ヒート戦でロッテラー、山本がPP獲得

トヨタ社長、イチロー選手との対談動画を公開「バッターボックスに立たないと、『WOW』は起こせない」

トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、社長 : 豊田章男、以下、トヨタ)は、第44回東京面モーターショー開催初日のプレスブリーフィングで、マイアミ・マリーンズのメジャーリーガー、イチローこと鈴木一郎氏と開幕のステージに立った。

toyota-president-interview-published-videos-and-ichiro-if-you-do-not-stand-in-the-batter-box-wow-does-not-can-fire-20151107-4

同社、豊田章男社長は昨日、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.」(トヨタ・リサーチ・インスティテュート、以下、TRI)設立の発表会見で、「バッターボックスに立たないと、『WOW』は起こせない」と語ったが、今回、その体現者であるイチロー氏との対談動画の一部を公開した。

toyota-president-interview-published-videos-and-ichiro-if-you-do-not-stand-in-the-batter-box-wow-does-not-can-fire-20151107-1 toyota-president-interview-published-videos-and-ichiro-if-you-do-not-stand-in-the-batter-box-wow-does-not-can-fire-20151107-3

動画では、それぞれのフィールドで戦い続けるために大切なことは何か。今日から毎日、12回程度の複数回に分けて順次公開していくという。

#1「メジャーリーグ初登板」 続きを読む トヨタ社長、イチロー選手との対談動画を公開「バッターボックスに立たないと、『WOW』は起こせない」

ヤマハブースの「MOTOBOT」、目指すは世界チャンピオンの超越

第44回東京モーターショー2015、ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:柳弘之、以下、ヤマハ発動機)のブースにヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」が出展されている。

yamaha-motor-and-publish-a-concept-vehicle-of-the-44th-tokyo-motor-show-2015-exhibitor20151029-6

このMOTOBOTは、モーターサイクル技術とロボティクス技術を融合して、新たな技術の獲得を目指すプロジェクトから生まれた。

10月28日に開かれたプレスブリーフィングで、同社の柳弘之社長は、「懸命にロッシ選手の背中を追う彼は、数年後、私たちをアッと驚かせるかもしれない」と期待を寄せた。

続きを読む ヤマハブースの「MOTOBOT」、目指すは世界チャンピオンの超越

ヤマハ発動機、第3四半期連結業績概要

yamaha-founded-the-motorcycle-development-company-in-Indonesia20150403-1

ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、社長:柳弘之、以下、ヤマハ発動機)は11月6日、第3四半期連結業績を発表した。

それによると第3四半期連結累計期間の売上高は、1兆2,142億円(前年同期比896億円・8.0%増加)、営業利益は 1,000 億円(同 290 億円・40.8%増加)となった。 続きを読む ヤマハ発動機、第3四半期連結業績概要

プジョー、ATP(男子プロテニス協会)とのグローバルパートナーシップを発表

2016年ATPワールドツアーに500台をサポート

プジョーおよびATPは、2016年から始まるグローバルパートナーシップを発表した。この提携により、500台のプジョーが、ATPワールドツアーのオフィシャルカーとして世界各国で活躍する。

peugeot-announced-a-global-partnership-with-atp20151107-2

プジョーは、30年以上にわたってテニスとの関わりを続けており、ATP世界ランキングNo.1のノバク・ジョコビッチをはじめ、ダビド・フェレール、ファン・マルティン・デルポトロ、ダビド・ゴフィン、ジェレミー・シャルディ、ブノワ・ペール、トミー・ロブレド、ジル・シモン、アリゼ・コルネ、ベリンダ・ベンチッチがブランドアンバサダーを務めている。

今回のパートナーシップにより、プジョーは 続きを読む プジョー、ATP(男子プロテニス協会)とのグローバルパートナーシップを発表

VGJ車両、独VW内部調査によるCO2排出量の問題は該当なしと発表

VGJことフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役:スヴェン シュタイン、以下、VGJ)は11月3日付で、フォルクスワーゲンAGより配信されたプレスリリース「排ガス問題解明作業の過程で、フォルクスワーゲンの内部調査で CO2 排出量の不正を確認」(No. 392/2015)の中に、同問題がディーゼル車以外にも関係していることについて言及していることを受け、VGJ が日本に正規輸入している車両について、同様の問題があるかどうかをフォルクスワーゲンAGに確認した。

続きを読む VGJ車両、独VW内部調査によるCO2排出量の問題は該当なしと発表

アウディ ジャパン、VWの排ガス問題に国内正規輸入車は対象外と発表

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大喜多 寛)は、去る11月3日にドイツのフォルクスワーゲン社より、約80万台の車両の二酸化炭素排出量に不整合が見つかったとの発表があったことを踏まえ、これにガソリン車も含まれるという報道があった事に関して、「日本に正規輸入されているアウディ車については、対象外である事を、同社内に於いて確認した」と発表した。

続きを読む アウディ ジャパン、VWの排ガス問題に国内正規輸入車は対象外と発表

トヨタ、「人工知能技術」の研究・開発強化を目指し新会社を米シリコンバレーに設立

トヨタ車の年間1兆キロ超の実走行データは、人口知能研究の進化を加速させる重要な鍵になる

トヨタ自動車株式会社(本社 : 愛知県豊田市、社長 : 豊田章男、以下、トヨタ)は来る2016年1月に、人工知能技術の研究・開発の拠点として、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.」(トヨタ・リサーチ・インスティテュート、以下、TRI)を、米国カリフォルニア州のシリコンバレーに設立。今後5年間で約10億ドル(約1200億円)を投入すると発表した。

当地で研究を開始するこの人工知能技術は、トヨタという一企業のみならず、広くこれからの産業技術の基盤を担うとともに、新たな産業を創出すると、トヨタ自身が期待を寄せている重要技術である。

今後トヨタは、この新会社TRIを人工知能技術に関わるイノベーション発信の拠点と位置づけ、同技術に関する研究・開発を一気に加速させる意向だ。

founded-toyota-a-new-company-with-the-aim-of-research-and-development-strengthening-of-artificial-intelligence-technology-to-the-us-silicon-valley20151106-3

続きを読む トヨタ、「人工知能技術」の研究・開発強化を目指し新会社を米シリコンバレーに設立

トヨタ、第44回東京モーターショー2015・プレスブリーフィング

豊田社長スピーチ(抜粋)

豊田でございます。

「What wows you?」。「あなたの心を動かすものは何ですか?」。
これが今年の東京モーターショーでの、私たちトヨタのキーワードです。

toyota-44th-tokyo-motor-show-2015-press-briefing20151106-1

今から約100年前。
T型フォードが登場するまで、アメリカには、人やモノを運ぶために1500万頭の馬がいました。
その後、わずか20年の間に、ほぼ全ての馬がクルマに置きかわったと言います。
なぜ、人々は、クルマを選んだのでしょうか。

続きを読む トヨタ、第44回東京モーターショー2015・プレスブリーフィング