「寄稿」カテゴリーアーカイブ

石井国交相、完成検査不正でSUBARUに勧告書

スバルに対する勧告には、「完成検査の現場に対する把握・管理体制に問題があること等が数次にわたり明らかになった」と記され、四半期毎に再発防止策の実施状況を報告するなど6項目が記された。(撮影=中島みなみ)
SUBARU(スバル)に対する勧告には、「完成検査の現場に対する把握・管理体制に問題があること等が数次にわたり明らかになった」と記され、四半期毎に再発防止策の実施状況を報告するなど6項目が記された。(撮影=中島みなみ)

「信頼を損なう事態を引き起こしたことは極めて遺憾」6つの是正求める

「国土交通省としては、不適切事案の再発防止状況を厳しく確認するため当分の間、御社を重点的な監視対象とする」
石井啓一国土交通相は14日、SUBARU(スバル)中村知美社長を大臣室に呼び出し勧告書を手渡した。同社の完成検査の不適切事案について、道路運送車両法に基づく是正措置を措置を求めた行政処分だ。

厳しい表情で勧告書を受けたった中村社長は、いつもと変わらぬ冷静さを表情に宿していたかに見えたが、大臣室を出て記者の質問に答えた時には、指が小刻みに震えていた。(取材執筆/撮影:中島みなみ/中島南事務所)

続きを読む 石井国交相、完成検査不正でSUBARUに勧告書

55年続いた高速道100キロ規制に風穴、引き上げ実証で見えた課題

高速規制速度110km/h。静岡試行から1年、120km/h引上げの課題とは

高速道路の規制速度を引き上げる試行が、昨年11月から静岡県内の新東名高速、同12月から岩手県内の東北道で続いている。

この試行を踏まえ過去半世紀以上の期間、普通乗用車で時速100km/hに固定されていた交通法令は変えられるのか。試行1年で見えた課題とは何かを探る。( 取材・執筆:中島みなみ ) 続きを読む 55年続いた高速道100キロ規制に風穴、引き上げ実証で見えた課題

第4次安倍改造内閣の新国家公安委員長、交通事故抑止に意欲

山本順三・新国家公安委員長、交通事故死者数、2020年までに2500人以下迫れるか

第4次安倍改造内閣の新閣僚で、国家公安委員長に山本順三氏が任命された。3日、併任の防災担当相として、小此木八郎前委員長との新旧大臣引継式に臨んだ。( 取材・執筆:中島みなみ )

国家公安委員長、国土強靭化担当及び防災担当大臣 山本順三新大臣(左)と小此木八郎旧大臣(右)/10月3日・内閣府にて。撮影=中島みなみ
国家公安委員長、国土強靭化担当及び防災担当大臣 山本順三新大臣(左)と小此木八郎旧大臣(右)/10月3日・内閣府にて。撮影=中島みなみ

続きを読む 第4次安倍改造内閣の新国家公安委員長、交通事故抑止に意欲

国土交通省、新タクシー運賃の実証実験を10/1より開始

タクシー迎車料金、繁忙時間に高く、閑散時間に安く…高い迎車料金なら優先配車

国土交通省は新たなタクシーサービスのためのタクシー料金・運賃の実証実験を、10月1日から始めることを発表した。( 中島みなみ )

続きを読む 国土交通省、新タクシー運賃の実証実験を10/1より開始

国交省、完成検査対策会議を実施。自動車14社の品質管理責任者が集結

完成検査制度に関わる意見交換・情報交換の機会を設ける。自動車14メーカーの品質管理責任者集め、各社の不正防止で引き締め図る…国交省

工場出荷前の車両の完成検査で、自動車メーカーの相次ぐ不適切事案が発覚する中、国土交通省は8月31日(金)に関連する自動車メーカーの品質担当責任者を集めて、対策会議「適切な完成検査を確保するための対策会議」を開催した。(取材執筆:中島みなみ/中島南事務所)

続きを読む 国交省、完成検査対策会議を実施。自動車14社の品質管理責任者が集結

経産省・経団連・日科技連、公開シンポジウムで品質問題防止策を提言

公開シンポジウム「サプライチェーン全体での品質保証体制の強化に向けて」で品質問題の防止策を訴える

経済産業省、(一社)日本経済団体連合会、(一財)日本科学技術連盟は共同で先の6月25日、企業の経営層が品質保証体制の構築に率先して取り組んでいくことを促すべく「サプライチェーン全体での品質保証体制の強化に向けて」をテーマとした公開シンポジウムを開催した。

続きを読む 経産省・経団連・日科技連、公開シンポジウムで品質問題防止策を提言