CBcloud、大阪北部地震に対して軽貨物車での配送支援を実施


京阪神地域での物流網の混乱の早期正常化に向けて

軽貨物クラウドソーシングのCBcloud(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松本 隆一)は6月18日の17時、大阪北部地震に対して軽貨物車による配送支援を実施すると発表した。

同社は、「現在、京阪神地域では今朝発生した地震の影響により、ルート配送の乱れや配車の停止、配送遅延など物流網に大きな混乱が生じており、配送先へ予定通り荷物を届けることが困難な状況が発生しています。

物流の早期正常化のため、弊社最大のリソースである5,000名を超えるドライバーネットワークを活用させて頂きたく、該当地域を発着するスポット便の配送料金を半額にて提供いたします。

この度の大阪北部における震度6弱の地震に際し、皆様のご安全を心よりお祈り申し上げます」と述べている。

具体的には、現時点で混乱している物流の早期正常化のため、同社最大のリソースである5,000名を超えるドライバーネットワークを活用するべく、以下の特別措置を実施・提供すると云う。

<特別措置内容>
概要 :京阪神地域を発着するスポット便を半額にて提供
期間 :6月18日(月)〜6月30日(土)まで
対象地域 :大阪、京都、奈良、兵庫、滋賀
対象条件 :対象地域の発着・集荷便
適用方法 :「PickGo」依頼登録画面にて支援対象案件にチェックすることにより適用するとしている。

なお同社ではさらに、「物流の正常化により、被災地の皆様が少しでも早く普段通りの生活に戻れるよう、ご協力させていただきます。なお、本件で配送業務を実施するドライバーへの報酬は通常料金と同額と致します」と結んでいる。

<PickGo スポット便利用方法>
以下サイトよりアカウント登録、またはお問合せを実行する。
 
特に急ぎの顧客は以下の電話番号に連絡されたいとしている。
03-6262-9740

なお同社は、2013年10月に横浜市泉区にて会社設立。現代表取締役社長の松本氏の義父が営む冷蔵・冷凍の軽貨物事業を引継いだのが最初だと云う。
2013年~2015年、松本氏自身が配送ドライバーを経験し、運送業界の様々な課題と今後の可能性を実感し、2016年6月に軽貨物配送プラットフォーム「軽Town」 をリリース。2016年9月にシードラウンドの資金調達を実施。2017年9月にはシリーズAラウンドの資金調達実施した。目下、個人向け配送サービス「PickGo for Personal」も手掛けている。

【会社概要】
名称:CBcloud株式会社(URL: 
住所:東京都千代田区鍛冶町2-5-5
代表取締役CEO:松本隆一
設立:2013年10月
資本金:423百万円(資本準備金含む)
事業内容:軽貨物クラウドソーシング事業