シトロエン、WRC100勝目をラリーモンテカルロで挙げる

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヌービルのヒュンダイi20 クーペWRCが2位。 トヨタ勢はタナックが総合3位、ラトバラは総合5位に終わる

シトロエン・レーシングは、1 月 24 日~27 日に開催されたWRC2019開幕戦のラリーモンテカルロで、同社ブランド創立100周年を迎え、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組がWRCでの100勝目を達成した。

1911年の初開幕以来108年の伝統を刻み、近年ではWRC開幕戦として開かれているラリーモンテカルロ。その舞台となるのはフ
ランス南部アルプスの峠道であり、季節柄コースの一部は雪で覆われ、時にアイスバーンとなって選手たちの挑戦を待ち構えている。

ラリーは 24 日(木)の夜、フランスのギャップを起点にスタート。山岳地帯のワインディングロードを舞台に3日間の熱戦が繰り広げられ、26日(土)の夜にはモナコへと移動。最終日の 27日(日)には有名なチュリニ峠を舞台としたスペシャルステージが行われた。

まず夜間ステージでの戦いとなった競技初日は、シトロエンへの復帰第1戦となったオジエが総合 2 番手、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組が総合 4 番手と順調な出足を刻む。

低い気温と雪やアイスバーンに悩まされ、難しいタイヤ選択を迫られる場面で、オジエは SS1を3番手タイム。SS2を2番手タイムという安定したペースで走行。過去5年連続でラリーモンテカルロを制してきた貫録を見せつけた。

競技 2 日目の 25 日(金)にオジエは SS5~6と連続ベストタイムを刻み、SS7 では総合首位に立つことに成功。この日の SS8までを終えた段階で、首位オジエと総合 2 番手につけるティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)との僅差は2秒に過ぎない。

ひとつのミスで順位が入れ替わる緊迫した展開に、ファンの注目が集まるなか、26 日(土)の競技 3 日目もオジエは上位タイムを並べ順調に首位をキープした。

最終日のオジエは 27 日(日)も詰め寄るヒュンダイ i20 クーペ WRCやトヨタヤリスWRCなどのライバル勢と接戦を展開、最終 SS を前に0.4秒差まで詰め寄られたが、最後のSSで踏ん張り、最終的に 2.2 秒差をつけて勝利を手中にした。オジエにとってはモンテカルロ6連勝、シトロエンにとってはWRC通算100勝という記念すべき 1 戦となった。

昨シーズンカスタマーチャンピオンに輝いたトヨタ勢のなかでは、タナックが3日目に4本のSSを全て制し、総合7位と低迷していたポジションから5位に浮上した。

この好調さを最終日まで引っ張り続けたが4日目にも勢いを維持。最初の2本のSSでベストタイムを記録し総合3位に浮上。続く2本のSSでは安定した走りで総合3位の座を堅持し、3年連続のポディウムフィニッシュを果たした。

ピエール・ビュダール(シトロエン・レーシング代表)
「非常にセンセーショナルな勝利でした。シーズン最初のラウンド、とりわけラリーモンテカルロという、WRC の象徴とも言えるラリーで WRC100 勝目を獲得できたのは、たいへん重要なことです。

シトロエンの 100 周年と合わせて、セバスチャンとジュリアンにシトロエンでの 8 勝目を加えることができたのも本当に喜ばしいことだと思っています。

再びともに戦うという決意をした時、我々のモータースポーツ史に新しいページを加えられるように願っていましたが、タッグを組んで最初のレースで、これ以上ない成果を発揮することができました」

セバスチャン・オジエ(シトロエン・レーシング)
「ラリー中、勝利を確信できたことは一度もないほどの接戦でした。特に最終日は車両のトラブルがあり、緊張感で張り詰めていました。

チームから適切なアドバイスを聞きながら、移動区間で応急処置を施すことができました。その後は全力でプッシュし、最後には、勝利を得ることができました。ものすごく内容の濃い週末でしたね。シトロエン C3 WRC で初めてのラリーでしたが、この結果が得られたことを大変誇らしく思います。

このラリーは自分にとって非常に特別なものですし、チームとしても開幕戦で最高のスタートを切ることができました。これで心置きなくシトロエンの 100 周年を祝うことができます!」

世界ラリー選手権(WRC) 第 1 戦モンテカルロ 最終結果
1. _セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア_シトロエン C3 WRC_3:21:15.9
2._ティエリー・ヌービル/ニコラ・ジルスール ヒュンダイi20 クーペ WRC_+2.2
3._オィット・タナック/マルティン・ヤルベオヤ_トヨタ・ヤリス WRC_+2:15.8
4._セバスチャン・ローブ/ダニエル・エレナ_ヒュンダイ i20 クーペ WRC_+2:28.2
5._ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ_トヨタ・ヤリス WRC_+2:29.9
6._クリス・ミーク/セバスチャン・マーシャル_トヨタ・ヤリス WRC_+5:36.2
7._ガス・グリーンスミス/エリオット・エドモンソン_フォード・フィエスタ R5_+13:04.6
8._ヨアン・ボナート/ベンジャミン・ブルー _シトロエン C3 R5_+13:56.5
9._ステファン・サラザン/ジャック-ジュリアン・レヌッチ_ヒュンダイ_i20 R5 +14:06.8
10._アドリアン・フルモー/ルノー・ジャムル_フォード・フィエスタ R5_+16:03.4

WRC マニュファクチャラーズ選手権 ポイントスタンディングス
1. _ヒュンダイ・シェル・モビス・ワールドラリーチーム_30
2._シトロエン・トタル・アブダビ・ワールドラリーチーム_25
3._トヨタ・ガズーレーシング・ワールドラリーチーム_25
4._M スポーツ・フォード・ワールドラリーチーム_14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。