クラリオン、大阪オートメッセ2017にClarionブースを出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

新提案の画面分割表示機能「Quad View (クワッド ビュー)」を参考展示

クラリオン株式会社(本社:埼玉県さいたま市中央区、代表取締役社長:川本英利、以下、クラリオン)は2月3日、 大阪オートメッセ2017(会期:2月10日(金)から12日(日)、会場:インテックス大阪 / 大阪府大阪市)に「Clarionブース」(6号館Bゾーン、小間No.:6B-2B16-3)を出展する。

Clarionブースでは、好評発売中の車載用フルデジタルサウンドシステム(以下、FDS)のハイレスポンスサウンドを提供するため2台のデモカーを展示する。

デモカーに搭載するシステムはクラリオン推奨システム、ダブルミッドによる中低音充実システムで、システム構成による音の違いを聴き比べることが可能ブースとなっている。

デモカー1
FDSの良さを一番楽しめるクラリオンの推奨システム構成
デモカー2
ダブルミッドにより中低音が充実、ボーカルの定位をより向上させたシステム構成

また、併せてクラリオンが新たに提案する画面操作性に優れた次世代のAVセンターユニットを参考展示する。

現在開発中の「Quad View(クワッド ビュー)」は、4つの異なる情報を同一画面に表示することができる新機能で、9型ディスプレイで高精細画質を提案していく。

加えてハイレゾ音源・デジタル出力にも対応しており、FDSサウンドプロセッサー(Z3)のコントロール機能を搭載、FDSコマンダーで行っていた操作を画面上で行うことが出来るものとなっている。

※画面内容は現在開発中であり、参考の表示。

その他、FDSシリーズのラインアップとして発売するフルデジタルサウンドヘッドホン「ZH700FF」の試聴コーナー、安全走行・駐車をサポートする映像システムSurroundEye(サラウンドアイ)もデモカー2で紹介していく。

※ SurroundEyeとは、車体に取り付けたマルチカメラ(4台)のカメラ映像をクラリオン独自の画像処理技術で高精度な合成画像として表示することで、ドライバーが不安を感じる車の周辺視界を補助し、安全走行・駐車をサポートする映像システムである。