ホンダとLIXIL開発のコージェネレーションユニット住宅が来春、初の商品化


ホンダ&LIXIL住宅研究所の<次世代レジリエンスホーム「家+X」Powered by Honda>を公開

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は、株式会社LIXIL住宅研究所(本社:東京都江東区 社長:今 城幸 以下、LIXIL住宅研究所)と合同で、コンセプトホーム<次世代レジリエンスホーム※1「家+X(いえプラスエックス)」Powered by Honda>(所在地:東京都葛飾区)を公開した。

cogeneration-unit-housing-of-honda-and-lixil-development-next-spring-first-commercialized20151111-2
V2H対応DC普通充電器「Honda Power Manager」

このコンセプトホームは、平常時はもちろん、災害時にも快適な新しい暮らしの実現を目指している。

cogeneration-unit-housing-of-honda-and-lixil-development-next-spring-first-commercialized20151111-3
インテリアに合わせてラッピングを施したV2H対応DC普通充電器「Honda Power Manager」

LIXIL住宅研究所による“住まいの消費エネルギーゼロ”の住宅をベースに、家とつながりエネルギーを運べる電気自動車などのモビリティ、そしてこれらを効率的に運用するエネルギーマネジメントシステムなど、家と自動車とエネルギーの融合による新しい暮らしを提案する。

ホンダの技術からは、家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットが、同コンセプトホームに導入されている家庭向け熱電併給システム「エコウィルプラス(ECOWILL PLUS)」※2のコアユニットとして採用されている。

このシステムを“住まいの消費エネルギーゼロ”の住宅と、燃料であるガスとともに提供することにより、生涯にわたるエネルギーコストの最少化を目指す。

さらに、V2H対応DC普通充電器「Honda Power Manager」の採用により、ライフスタイルや時間帯に応じたエネルギーの最適制御による効率的な運用を可能にする。

cogeneration-unit-housing-of-honda-and-lixil-development-next-spring-first-commercialized20151111-4
住宅の外観にマッチする外装を施した家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニット

また、停電時にも商用電力から太陽光発電やガスエンジンコージェネレーションに切り替えて家庭に電力を供給するとともに、余剰電力を電気自動車に充電することが可能だ。

なお、今回のコンセプトホームで提案している装備のうち、ホンダの家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットを標準装備した初めての住宅が、LIXIL住宅研究所によって来春以降の商品化を目指して進められている。

ホンダは、ホームパワージェネレーション事業を通して、エネルギーを家庭で創る「家産・家消」による低炭素社会の実現に貢献していく。

cogeneration-unit-housing-of-honda-and-lixil-development-next-spring-first-commercialized20151111-1
<次世代レジリエンスホーム「家+X」Powered By Honda>外観

○参考ウェブページ:
LIXIL住宅研究所<次世代レジリエンスホーム「家+X」Powered by Honda>
(2015年11月11日15時公開予定)

※1LIXIL住宅研究所による、有事には様々な災害から命や財産を守り、平時には資産価値が高く、生涯コストの少ない暮らしを実現する住宅。
※2大阪ガス株式会社の登録商標。