コンチネンタル、カメラとレーザーレーダーで「Toyota Safety Sense」をサポート


frankfurt-international-motor-show-summary-introduction-of-the-continental-booth20150810-7

世界初の新しい統合型センサーモジュールをトヨタ自動車の衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」に納入

自動車交通事故発生の主な原因の一つに、ドライバーの疲労、注意力が散漫もしくは運転に集中できない状況が挙げられる。

このような状況で車両に、ドライバーを助ける高度運転支援システムの実装していくことは、交通事故のない交通社会、交通事故による死者を出さない交通社会実現の第一歩と云われる「ビジョンゼロ」実現のための重要なキーテクノロジーのひとつと云われている。

continental-the-first-half-strong-it-forecasts-a-11-upward-revision-of-adjusted-ebit-margin20150815-2

コンチネンタル(本社:ドイツ・ハノーバー、CEO:エルマー・デゲンハート)では、世界の自動車メーカー向けて、これらのドライバーの運転支援機能を実現するシステムを、長年に亘って開発・製造してきた。

そもそも安全性は、高級車といった一部の限られたクルマのものでない。すべてのモビリティに必要な要素であり、小型車にも容易に装備できるアフォーダブルなソリューションが、今、社会から求められている。

新MFLは、CMOSカメラとレーザーレーダーを単体のコンパクトユニットに統合し、小型車のミラーベースへ装着する

そこでコンチネンタルは、カメラ機能とレーザーレーダー機能を、単体のコンパクトユニットとして統合した新たなセンサーモジュールMFLを開発し、今年から大量生産を開始している。

そうして開発・製造されたユニットは、今日、トヨタ自動車の乗用車向け衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」として搭載されている。

continental-to-support-the-toyota-safety-sense-in-camera-and-laser-radar20150828-1

コンチネンタル・ジャパンのプレジデントを務めるクリストフ・ハゲドーン(Chrisoph Hagedorn)氏は、「トヨタのビジョンゼロ実現に向けた同活動に対して、これをサポートしていけるサプライヤーの一社になれたことを、私たちは誇りに思います。

私たちは、トヨタセーフティーセンスCに搭載されているプリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームという3つの予防安全技術により、安全性向上と交通事故数の削減に貢献するでしょう」と語る。

カメラの利点とレーザーレーダーの利点を組み合わせ、衝突の危険をいち早く、ドライバー対して警告する仕組み

MFLには、非常に競争力のある2つのセンサー技術が採用されている。それは、カメラの利点とレーザーレーダーの利点を組み合わせたもので、新型センサーモジュールは、車両前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合には、ドライバーに対して、まずブザーとディスプレイ表示で警告する。

continental-to-support-the-toyota-safety-sense-in-camera-and-laser-radar20150828-2

しかし万が一、衝突が避けられないとクルマ自身が判断した場合には、自車速度の約10~80km/hの幅広い速度域で、自動ブレーキを作動させ、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、約30km/hの減速を行って衝突回避を支援。速度差がそれより大きい場合、自動ブレーキは衝突被害を軽減する働きを担う。

カメラとレーザーレーダーが互いを補完するという部分が新型モジュールの強み

クルマは走行中、カメラによって車両前方の物体を分類している。しかしながら、カメラ自身が持っている情報のみでは、自動緊急ブレーキをかけるための十分な情報とは云えない。

コンチネンタルが、このパッシブなセンサー技術と、レーザーレーダーを統合したのは上記のような理由からだという。

コンチネンタルのADAS (高度運転者支援システム)事業部の事業部長であるカール・ハウプト(Karl Haupt)氏は、「レーザーレーダーは、波長905nmの赤外線ビームを発し、反射ビームが受信用の光学部に到達するまでの時間を計ります。

このセンサーは車両前方10メートル程度をモニターするので、短距離レーダーと呼ばれます。

光速度と飛行時間から、MFLは、対象物との距離を10センチメートルまで正確に計測することが可能です。そしてカメラと組み合わせて、より優れた認識性能・信頼性を確保するのです」と述べている。

スケーラビリティにより大規模生産への移行もスムースになった

コンパクトカーでは性能の確保はもちろんのこと、さらに費用面を考慮する必要がある。この点、MFLモジュールはスケーラブルなデザインとなっており、エントリー・ベーシック・プレミアムの3レベルデザインすべてに於いて、確かなデータを提供していけると云う。

the-minor-change-toyota-the-auris20150406-5

さらに取り付けに必要なスペースが非常に小さく、ルームミラーの裏のわずかなスペースに取り付けが可能だ。

このコンパクトさがあるゆえに、Toyota Safety Sense Cにも採用されている車線逸脱事故に備える「レーンディパーチャーアラート」の他、「レーンキーピングシステム」(LKS)、「道路標識認識」(TSR)といった他のドライバー支援機能も、オプションとして追加していくことが、容易かつ可能になっているのだと云う。

 

その他の記事(新車関連)
08/20・ホンダ、インドネシアでBR-Vプロト世界初公開
08/20・AUDI TT COUPE/ROADSTER/TTS発売
08/20・LEXUS、フラッグシップSUV「LX」発売
08/20・BMW、340I 40TH ANNIVERSARY EDITION発表
08/20・BMW、新3シリーズセダ/ツーリング発表

08/20・MBJ、SL350 Mille Miglia 417限定20台
08/20・MBJ、SLKの装備を拡充して発売
08/20・MBJ、SLの装備を拡充して9月発売へ
08/19・ボルボV40に1.5Lターボエンジン搭載
08/19・日産、中国で新ムラーノ ハイブリッド発売

08/19・BMW4系クーペM SPORT STYLE EDGE70台限定
08/18・AUDI、A8 3.0 TFSI QUATTROに新型LEDライト
08/18・VGJ、UP!にCROSS UP!追加
08/17・トヨタ、ランドクルーザーをマイナーチェンジ
08/14・MB、新Cクラスクーペの概要公表

その他の記事(モータースポーツ関連)
08/19・SUPER GT第5戦でGT-R勢4連勝を目指す
08/18・マクラーレン、青山でファンイベント限定250名
08/18・エアレース第5戦、FALKENの室屋義秀選手が3位
08/17・アジアクロスカントリーラリーでアウトランダー完走
08/15・ホンダF1総責任者の新井康久氏前半戦を振り返る

その他の記事(イベント関連)
08/21・アウディ、EVの新境地を拓くプロトIAAで発表
08/19・JAF栃木、交通事故回避運転の体験学習開催9/13
08/19・八千代工業の土田選手、はまなす車いすマラソン出場
08/17・ブリヂストン、第12回子供エコ絵画コンクール作展示
08/17・新型ランドクルーザーお披露目会、由比ガ浜で実施中

その他の記事(技術関連)
08/21・横浜ゴム、ブルーライトカットフィルムを産業分野へ
08/19・コンチネンタル、独の協調型高度自動運転を牽引
08/19・日本自動車研究所、第13回産学官連携功労者表彰
08/19・デンソー、バイオ燃料の大規模実証設備を建設
08/13・日本自動車研究所、自動運転車の公道データ収集開始

その他の記事(企業・経済)
08/21・日産、新たなブランドコミュニケーションを開始
08/21・トヨタ、ハイブリッド車の世界累計800万台突破
08/17・三井不動産、リパーク駐車場に充電インフラ設置
08/14・ジャガー・ランドローバー、スロバキアで車両製造
08/13・日本精機、ヘッドアップディスプレイ250万台突破

その他の記事(話題)
08/20・J.D.パワー、2015年日本自動車セールス満足度調査
08/19・JXエネルギー「第63回 朝日広告賞」受賞
08/18・豊田自動織機、台湾の企業を取得・新興国市場へ
08/14・日本のモータースポーツを駆け抜けた浮谷東次郎展
08/11・ポルシェ、独イベントで959生誕30周年を祝う

WeightymattersサイトTOPに戻る