コスモエネルギー、「クリスマスカード・プロジェクト2015」 実施報告

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

コスモエネルギーホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川桂造)は、「企業と社会の調和と共生」を経営理念に掲げ、社会貢献活動に取り組んでいる。

その一環として「健全な次世代育成」に注力し、さまざまな子ども向けのプログラムを展開しており、2003年から、入院中の子どもたちに励ましのメッセージを贈る「クリスマスカード・プロジェクト」に協力している。

cosmo-energy-christmas-card-project-2015-implementation-report20151228-1

このプロジェクトは、オリジナルのグリーティングカードに、イラストや励ましのメッセージを書き、クリスマスカードとして病院に送付しているもので、コスモエネルギーグループ社員とその家族・友人や、主催者であるNPOワンダーアートプロダクションのアートプログラムに参加した子どもたちなどが協力している。

今年は、430枚のカードが集まり、全国24の病院にクリスマスプレゼントとして届けた。

本プロジェクトの参加者からは、「毎年この時期に家族でカードを描くことを楽しみにしている」などの声が寄せられており、一方で病院の方からは「明るさと温かみにあふれた素敵なクリスマスカードを送付いただきありがとうございます」「毎年楽しみにお待ちしています」など、感謝のお言葉を得ているという。

<実施概要>
名称:「クリスマスカード・プロジェクト2015」(今年で13回目)
内容:オリジナルのクリスマスカードにイラストや励ましのメッセージを書き、クリスマスを病院で過ごす入院中の子どもたちに贈るプロジェクト
参加者:全国のコスモエネルギーグループ社員、家族、友人、社会貢献活動に参加した子どもたち
当社協力枚数:430枚
配布先:小児科のある全国の病院24ヶ所
主催:NPOワンダーアートプロダクション