ダイハツ、軽乗用車「ムーヴ」を改良。内外装刷新・スマートアシストⅢ採用

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツ工業株式会社(本社:大阪府池田市、代表取締役社長:奥平総一郎、以下ダイハツ)は、軽乗用車「ムーヴ」、軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」をマイナーチェンジし、8月1日(火)から全国一斉に発売した。

「ムーヴ」は1995年にダイハツ初の「スペース系軽自動車」として誕生した同社基幹車種の一つである。

2012年12月に実施したマイナーチェンジにて、当時軽自動車初となる衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用。

2014年12月に発売した6代目の現行モデルでは、ダイハツ独自の軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を初めて搭載し、低燃費と高い基本性能を実現した。

今回のマイナーチェンジでは、歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストⅢ」を搭載。

また、4箇所のカメラにより、車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用して安全・安心性能を向上させながら、『ムーヴ』を中心に価格を見直し、さらに求めやすい設定とした。

また、『ムーヴ』『ムーヴ カスタム』ともに内外装を刷新。『ムーヴ』ではメッキフロントグリルの採用などにより、シンプルで上質なエクステリアを実現。

『ムーヴ カスタム』では新開発の多灯薄型LEDヘッドランプや、クリアタイプのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプなどの上質感あるエクステリア。

新意匠のインパネガーニッシュなどによる上質感あるインテリアとした。

その他、リヤシートのラゲージ側に、リヤシートのスライドレバーを設定することで、使い勝手も向上させている。

さらに、軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」についてもマイナーチェンジを実施。『ムーヴ』『ムーヴ カスタム』の変更内容を織り込み、安全・安心性能の向上と内外装の魅力向上を図った。

<「ムーヴ」「ムーヴ フロントシートリフト」共通>
・衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を搭載
・リヤシートラゲージ側スライドレバーを設定
・運転席シートヒーターを標準設定

問合せについては、最寄りのダイハツ販売会社または、ダイハツ工業株式会社お客様コールセンター(Tel 0800-500-0182)まで。

ダイハツ公式製品サイト(ムーヴ): https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/ 
ダイハツ公式製品サイト(ムーヴ カスタム): https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/