ダイハツ工業、創立110周年に合わせて新グループスローガン「Light you up」を策定

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツ工業株式会社(本社:大阪府池田市、社長:三井正則、以下、ダイハツ)は、3月1日に創立110周年を迎えるにあたり、これまでダイハツが培ってきた強みをさらに磨きながら、これからの新しいダイハツが目指す姿を社内外で共有するため、グループスローガンを刷新。ブランドビジョン、ブランドステートメントを策定した。

新スローガン「Light you up」の「Light」には、「光」「軽やかさ」の2つの意味を持たせた。

同社によると、これは「お客様一人ひとりを照らし、きめ細やかな商品やサービスを実現することで、輝いたライフスタイルを提供すること。

暮らしや環境への負担が少ないスモールカーで軽やかな気持ちを提供すること。

この2つのミッションに、今後も変わらずに取り組み続けることを決意し、その想いを新たなスローガンとして表現した」と語っている。

新グループスローガンの骨子と概要は以下の通り

「Light you up」~らしく、ともに、軽やかに~

ブランドビジョン
ダイハツグループは、世界中の一人ひとりが自分らしく軽やかに輝くモビリティライフを広げます。

ブランドステートメント
Light、それは光。今まで光が当たってこなかった細部を照らすこと。
他の誰でもないあなたに「これは自分のためにある」と言ってもらえる、決め細やかな商品・サービスの追求。

Light、それは軽やかさ。自分にとって本当に必要なものだけを選ぶこれからの時代の生き方に合った、地球と家計への負担がライトなモビリティライフの提案。

光を当てる。軽くする。2つのLightに、ダイハツの未来はある。この世界の一人ひとりに“Light”な日常を届ける。
そこにダイハツの“ならでは”がある。

ダイハツは一人ひとりの「特別と最適」を生むモビリティライフ・プランナーになる。すべての人が自分の色、自分の輝きを見つけ出す世界を目指しながら。

“Light”に込めた想い