大和自動車交通と台湾タクシー最大手の台湾大車隊、相互配車で提携


サービス正式導入に向けた実証実験をスタート。日本と台湾双方でより便利で快適なタクシーサービスの提供へ

大和自動車交通株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:前島忻治)は2018年8月6日より、台湾大車隊股份有限公司(Taiwan Taxi Co. Ltd.、本社:台北市中山区、董事長:林村田)と業務提携し双方のホームページ上での観光タクシー・空港送迎の予約配車サービスとタクシー配車アプリによる配車サービスの実証実験を開始する。

具体的な内容は以下の通り。

【日本ユーザー向け】
(1-1)[大和自動車交通ホームページ]上での台湾大車隊タクシー運行による台湾観光タクシーと桃園空港送迎の
ウェブ予約サービス(8月6日より実証実験開始)
(1-2)[大和自動車交通タクシー配車アプリ]利用による台湾大車隊タクシーの即時配車サービスと桃園空港送迎
の事前予約サービス(9月1日より実証実験開始)

【台湾ユーザー向け】
(2-1)[台湾大旅遊ホームページ]上での大和自動車交通タクシーによる東京観光タクシーと羽田・成田空港送迎
のウェブ予約サービス(8月6日より実証実験開始)
(2-2)[台灣大車隊55688アプリ]利用による東京での大和自動車交通タクシーの即時配車サービスと羽田・成田
空港送迎の事前予約サービス(準備中)

これらのサービスのうち日本と台湾、双方のアプリユーザーが自国あるいは生活拠点とする国において使用する配車アプリをそのまま相手国でも使用して現地のタクシーを即時配車できるサービス(海外ローミング)は、業界でも前例のないサービスとなる。

両社は、この実証実験を含む今後のサービス標準化により、海外でのタクシー利用が一層便利で快適なものとなり両国で満足度向上に貢献できるよう目指していくとしている。

ウェブサイト(日本ユーザー向け): 

アプリQRコード(日本ユーザー向け)

大和自動車交通株式会社
1939年創業、東京でハイヤー・タクシー事業を展開。業界初の株式上場企業でもある。近年ではスマートフォン配車アプリの導入、国土交通省主導の相乗りタクシー実証実験(2018年1月22日~3月11日)への参画、業界初の自動運転移動サービスの公道実証実験(2018年5月22日~6月4日)実施など、IoT やAIを活用した新時代サービスの創造に積極的に取り組んでいる。

台灣大車隊股份有限公司
2005年創業、約18,000台のタクシーを運行し、その1日あたりの乗客数は約35万人、マーケットシェア20%に達する台湾最大手のタクシー会社。業界初の上場企業でもある。近年ではアプリ配車サービスの積極的な推進により、アプリ会員数は300万人を突破。さらに10種類以上のモバイル決済方法を展開し、乗客に多様で便利な支払方法の提供を実現している。