AIセキュリティのダークトレース、NECネッツエスアイと代理店契約を締結


AIで未知の脅威を自動検知する Enterprise Immune Systemを日本全国で拡販へ

AIセキュリティ製品のDarktrace Limited(本社:英国ケンブリッジ、CEO:ニコール・イーガン、以下ダークトレース)は、NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島 祐之、以下、NESIC)と販売代理店契約を締結した。

この締結により、NECネッツエスアイは、Enterprise Immune Systemの導入支援、保守サービスの提供を日本全国で加速させる意向だ。

さてそもそも、ダークトレースのセキュリティ製品Enterprise Immune Systemは、人間の免疫システムに着想を得たケンブリッジ大学の数学の専門家が開発したAIのアルゴリズムが基礎となっている。

この理論を駆使して、同社製品は内部ネットワークのあらゆるデバイス、ユーザーの生活パターンを常に学習し、ルールやシグネチャに依存せずに、異常な挙動や未知の脅威を検知できる。

これにより、物理、仮想、クラウド、IoTデバイス、産業用制御システム(ICS)などあらゆる種類・規模のネットワーク上で、設立から4年で世界70か国以上における3,000件以上の導入実績を挙げ、48,000の未知の脅威を検知し、様々なサイバー攻撃に事前対処してきた。

一方、1953年に設立されたNESICは、ネットワークをコアとするICTシステムに関する企画・コンサルティングや設計・構築などの提供。

日本全国にわたるサポートサービス拠点による24時間365日対応の保守・運用、監視サービス、並びにアウトソーシングサービスを企業、通信事業者、官公庁・自治体向けに提供してきた。

今回、この両者の販売代理店契約によって、Enterprise Immune Systemの導入支援からオンサイト保守まで、NESICは日本全国で包括的なセキュリティマネジメントを展開することにより、今後3年間で累計5億円の販売を見込んでいる。

対して、ダークトレースのカントリー・マネージャー、ジョン・カーチ氏は、「NESICの確かなネットワークSI力を背景に、高水準のサポート・サービスを24時間365日提供できる能力と連携。

当社のEnterprise Immune Systemにより、日本でも深刻化し始めているランサムウェアや、内部不正などのサイバー脅威から少しでも多くのお客様のネットワークを保護できることを嬉しく思います」と述べている。

ダークトレースについて
ダークトレースは、最先端の機械学習で世界をリードするサイバー防御企業である。

数々の受賞歴を誇るEnterprise Immune Systemは、人間の免疫システムに着想を得たケンブリッジ大学の数学の専門家が開発した人工知能のアルゴリズムを応用。

組織内のあらゆるデバイス、ユーザーの生活パターンを、常に学習し、物理、仮想、クラウド、IoTデバイス、産業用制御システム(ICS)などあらゆる種類・規模のネットワークで機能する自己学習型プラットフォームを実現。

ルールやシグネチャに依存せず、ゼロデイ攻撃や内部脅威、ランサムウェアなどの未知の脅威をリアルタイムかつ自動的に検知する世界初の機械学習技術である。

同社によると設立以来、4年で従業員数は500名を超え、世界70か国における3,000件以上の導入実績で48,000を超える未知の脅威を検知したと云う。

本社は米国サンフランシスコと英国ケンブリッジにあり、世界に24の拠点を置いている。
日本語ウェブサイト: 

NECネッツエスアイについて
NECネッツエスアイは、1953年に通信インフラの設置工事を行う会社として設立され、国内・海外における通信インフラの構築、保守に携わる。

現在はコミュニケーション・システムインテグレーターとして、企業、通信事業者、官公庁や社会インフラ事業者といった、顧客層に対して、幅広い情報通信システムをSIから施工・サービスまで一貫して提供している。
公式ウェブサイト: