ディー・エヌ・エーとJR東日本、レンタカー無人貸出の実証実験を開始


東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:冨田 哲郎)と株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功)は、レンタカーのを無人貸出サービスの実証実験を2017年12月18日(月)より開始する。

このサービスは、DeNAが提供する個人間カーシェアリングサービス「Anyca (エニカ)」のインフラ環境を活用。これにJR東日本レンタリース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村 浩之)の保有車両を組み合わせ、利用顧客に対して無人で貸し出すサービスの実証実験を行うもの。

昨今、カーシェアリングによる車両利用が活発・普及化している中、レンタカーの利用に於いても、より手軽に利用できる駅からの二次交通を整備。利用者の利便性向上や地域の活性化につなげることを目的に行われる。

具体的には通常対面で行っているレンタカーの貸出手続きを無人で行い、これを通して利用ニーズや利便性についての検証を行っていく。

実際のレンタカーの予約・受け渡しには先の通り、「Anyca」のスマートフォンアプリとスマートキーデバイスを活用していく構え。

参加3社は、今回の実証実験の結果を通して、駅の周辺観光施設への二次交通の整備など、観光客や地域消費者に対して更なる利便性向上に向けた検討を重ねていくとしている。

同無人貸出サービスの実証実験の概要は以下の通り

1.実施内容 : DeNAが提供する個人間でのカーシェアリングサービス「Anyca」上で、JR東日本レンタリースが所有する車両と利用したい顧客とのマッチングを行う。

無人貸出の車両を利用したい顧客は、「Anyca」のスマートフォンアプリで事前に車両を検索・予約し、クレジットカードにて決済する。

今回利用できる車両には、アプリで車両のドアの解錠・施錠ができるスマートキーデバイスを搭載することによって、対面での手続き無しに車両の乗り出しや返却が可能となる。

2.実施時期 : 2017年12月18日(月)~2018年6月末
3.実施箇所 : 新潟、長岡、越後湯沢、新白河、福島、郡山のJR東日本レンタリースの店舗で各1台
4.提供車両 : 日産NOTE
5.料金設定 : 4,000円~/24時間(地域、時期によって異なる)
6.対応OS : iOS(バージョン8.0以上)

スマートキーデバイス(車両に取り付けることで、アプリからの解錠・施錠を実現)

なお個人間カーシェアリングサービス「Anyca」は、本来はレンタカーとは異なる個人間カーシェアサービスを提供している。

これはクルマをシェアしたいオーナーと、必要な時に好みのクルマを使いたいドライバーをマッチングするサービスであり、国内外の乗用車をはじめスポーツカーや旧車のほか、痛車と呼ばれる個性的なものまで様々で、現在都内を中心に9万人以上の会員、3500台以上のクルマが登録(2017年9月時点)されていると云う。

またオーナーは所有しているクルマの遊休時間を活用し、クルマ1台あたり平均¥25,000/月を受け取ることができる謳っている。

これにより車両所有が、家計を助ける便利サービスとなり、クルマ好きの男性だけでなく、主婦層からの注目も集めているとも云う。

今回のレンタカー無人貸し出しの紹介サイト: