デンソー、韓国傘下3社を統合し経営スピードを加速

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は6月28日、自社傘下の韓国企業3社を経営統合すると発表した。

具体的には韓国の生産会社「デンソー コリア エレクトロニクス」、「デンソー コリア オートモーティブ」と、販売・開発会社「デンソー インターナショナル コリア」の3社を2018年7月2日付けで経営統合する。

統合後の社名は「デンソー コリア」として、自動車部品の開発から製造、販売まで一貫して行い、経営のスピードを向上させることで、韓国における事業体質の強化、成長に取り組む。

デンソーは、1976年に初めて韓国で生産会社を設立して以来、現地のカーメーカー向けにメーターやヘッドアップディスプレイなどの表示系製品や、カーエアコン、スターターやオルタネーター、小型モーターなどを現地で生産してきた。

また1997年には販売会社を設立し、現在では開発機能を担うテクニカルセンターを併設し、事業の現地化を進めてきた。

今回の経営統合により、技術開発とモノづくりの両面に於いてシナジーを創出すると共に、販売機能も一体化することで、現地顧客のニーズに合わせた製品開発をより加速させる。また経営部門など、機能部門を集約することで経営スピードを向上させていく構え。

デンソーでは「今後も、地域のお客様のニーズに応えることで、現地経済および自動車産業の発展に貢献していきます」と述べている。

<経営統合後の新会社「デンソー コリア」の概要>
1.社名:DENSO KOREA CORPORATION
2.経営統合日:2018年7月2日
3.所在地:大韓民国 慶尚南(キョンサンナン)道 昌原(チャンウォン)市 馬山合浦(マサンハッポ)区
4.資本金:9.06億円 (89億ウォン)
5.株主:株式会社デンソー 99.99%、その他 0.01%
6.社長:金 敬燮 (キム ギョンソプ)
7.従業員数:2,198人
8.事業内容:車載用電子製品、エンジン関係製品、カーエアコン、ワイパーシステムなどの開発、設計、製造、販売、非車両用各種機器部品の販売

【参考】統合前の各社の概要
デンソー コリア エレクトロニクス
1.社名:DENSO KOREA ELECTRONICS CORPORATION
2.会社設立:1976年6月
3.所在地:大韓民国 慶尚南(キョンサンナン)道 昌原(チャンウォン)市 馬山合浦(マサンハッポ)区
4.資本金:2.62億円 (25.8億ウォン)
5.株主:株式会社デンソー 100%
6.社長:柳生 浩志
7.従業員数:779人 (2018年3月末)
8.事業内容:メーター、ヘッドアップディスプレイ、スマートキーなど車載用電子製品の開発、設計、製造、販売

デンソー コリア オートモーティブ
1.社名:DENSO KOREA AUTOMOTIVE CORPORATION
2.会社設立:2000年10月
3.所在地:大韓民国 慶尚南(キョンサンナン)道 昌原(チャンウォン)市 城山(ソンサン)区
4.資本金:8.32億円 (81.8億ウォン)
5.株主:株式会社デンソー 99.99%、その他 0.01%
6.社長:金 敬燮
7.従業員数:1,261人 (2018年3月末)
8.事業内容:エンジン関係製品、カーエアコン、ワイパーシステムの製造、販売

デンソー インターナショナル コリア
1.社名:DENSO INTERNATIONAL KOREA CORPORATION
2.会社設立:1997年11月
3.所在地:大韓民国 京畿(ギョンキ)道 義王(ウィワン)市
4.資本金:11.46億円 (112.7億ウォン)
5.株主:株式会社デンソー 100%
6.社長:加納 嘉男
7.従業員数:158人 (2018年3月末)
8.事業内容:自動車用各種部品の販売支援、非車両用各種機器部品の販売